温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

辰口温泉 まつさき(石川)

小松駅から車で20分ちょっと、霊峰白山の麓、手取川の南側に位置する辰口(たつのくち)温泉。小松空港からは30分足らず、金沢駅からも40分ほどとアクセスしやすい金沢の奥座敷

奈良時代に白山を開いた泰澄によって開湯された約1400年の歴史を持つ古湯で、現在3件の温泉宿がある。

f:id:ayumu27:20201212233708j:image

室町時代手取川の洪水によって泉源が埋没し一時途絶えたけど、江戸時代の天保7年に新泉源を発掘した初代が松崎旅館を創業したそう。

大浴場は本館の1階と新館鳳凰5階の2ヶ所。

本館の大浴場は「瑞泉の湯」と「八千代の湯」。男女入れ替えはなく、夜は24時までで、朝は6時から9時まで。

f:id:ayumu27:20201212233609j:image

ゆったりした脱衣所でマッサージチェアもある。アメニティは揃っていて歯ブラシもあった。タオルは部屋から持参。でも、部屋にたくさんバスタオル置いてくれてた。

f:id:ayumu27:20201212233637j:image

浴室は広々していて細長く、湯船は大小2つ。壁際のシャワーは9つくらい。誰ともかぶらなかったので、ゆったり独泉。

f:id:ayumu27:20201216161739j:image

奥にある小さな正方形のが源泉湯船で、大きな細長い方が加温循環の湯船。

f:id:ayumu27:20201216161718j:image

迷わず源泉湯船へ。

f:id:ayumu27:20201216161728j:image

湯口からは29度ちょいの源泉が出てる。湯船の温度は34.5度くらい。

f:id:ayumu27:20201216161732j:image

湯底にある2箇所の穴から暖かい湯が投入されてる。あれ、加温循環?と一瞬疑ってしまうけど、源泉かけ流し湯船なんだから、源泉が出ているはず。

f:id:ayumu27:20201216161736j:image

おそらくぬるい湯がさらに冷めないように、空気に触れさせないために、湯底から投入してるのだと思う。

底の湯口付近は35.5度。翌朝は少し低く34.5度くらいだった。

f:id:ayumu27:20201218170128j:image

源泉の温度が36.5度とぬるめなので、この湯船以外は加温循環してる。貴重な源泉湯船。

冬だからかな。湯船の温度は34.5度。でもそれほど冷たくはない。

じっとり肌に馴染むお湯。

f:id:ayumu27:20201218165951j:image

源泉湯船から溢れたお湯は、加温湯船へと注がれている。

f:id:ayumu27:20201216161722j:image

含硫黄泉とのことだけど、湯口で匂いを嗅いでも、湯船に浸かってすくってみても、硫黄の匂いも硫黄感も全くない。

消毒臭はほとんど感じないけど、浴室全体に消毒臭がするのではっきり分からない。

f:id:ayumu27:20201216161725j:image

大浴場は安土桃山庭園に面しているそうだけど、端っこからかろうじて見えるくらい。

f:id:ayumu27:20201212233534j:image

加温湯船は41.5度。循環特有のふわりとした肌触り。源泉湯船がぬるいので、暖かくてほっとする。交互浴するにも、ちょうどいい湯温。

循環だけど、一部はかけ流しになっていて、縁から流れ出てる。それだけでも気持ちいい。

f:id:ayumu27:20201212233644j:image

露天風呂もあり、扉から出ることもできるのだけど、湯が張ってなくて、露天風呂は展望露天風呂へって張り紙がある。

f:id:ayumu27:20201212233627j:image

新館の大浴場が展望露天風呂という名称。「木犀」「玉竜」「雷鳥」という3つがあり、ひとつは有料の貸切風呂。

男女別で入れ替え制。夜は24時までで、翌朝6時半から入れ替わり10時まで。

f:id:ayumu27:20201212233509j:image

脱衣所はそれほど広くなくて、籠も間引いてあり、人数制限してる。ドライヤーやアメニティは、本館同様に置いてある。

f:id:ayumu27:20201212233601j:image

こちらの木犀にはミストサウナがある。入らないけど。

f:id:ayumu27:20201212233615j:image

シャワーが3つに、小さめの内風呂。

f:id:ayumu27:20201212233517j:image

展望露天風呂というので、内風呂やサウナがあるとは思わなかった。普通のこじんまりした大浴場という感じ。

f:id:ayumu27:20201212233640j:image

内風呂の湯口には析出物。

泉質は含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉。硫酸イオンが1363mgも含まれていて、総成分量も4000mg近い、しっかり成分が含まれた源泉。循環させるの、もったいない。

内風呂は41度ちょっと。

f:id:ayumu27:20201212233539j:image

庭園や白山連峰を望むという露天風呂。あいにく真っ暗だし、雨。屋根付きなので濡れはしない。

f:id:ayumu27:20201212233556j:image

総檜造りの露天風呂と書いてあったけど、湯船はタイル。縁と周りの床が檜なのかな。

広めの湯船で、片側の端は寝湯になってる。

f:id:ayumu27:20201212233553j:image

寝湯の辺りは湯温も低めで41度割れ。

湯口からは43度くらいの湯が投入されていて、湯船は41.5度前後。

循環で、消毒臭がきつめ。

f:id:ayumu27:20201212233531j:image

翌朝は玉竜が女湯。浴室は少しゆったり。

f:id:ayumu27:20201219071730j:image

こちらは普通のサウナ。

f:id:ayumu27:20201219071806j:image

水風呂もあり、シャワーは4つだったかな。

f:id:ayumu27:20201219071743j:image

内風呂は41度ほど。

f:id:ayumu27:20201219071711j:image

循環で、木の縁から流れ出ることはなさそう。

f:id:ayumu27:20201219071751j:image

玉竜の露天風呂は岩風呂。紅葉した山が見える。白山連峰なのかしら。夜よりも、明るい時間の方がはるかに気持ちいい。

f:id:ayumu27:20201219071737j:image

お湯は大浴場同様に、循環っぽいふわりとした肌触り。

源泉は庭園の一部より掘り出されてる。

f:id:ayumu27:20201219071747j:image

広い湯船で、やっぱり奥には寝湯。

f:id:ayumu27:20201219071755j:image

全体的に40度くらいでぬるめだったけど、湯底の何箇所からか熱い湯が出てるので、場所によっては熱い。

f:id:ayumu27:20201219071740j:image

新館 鳳凰の各部屋には温泉風呂付き。

f:id:ayumu27:20201219071719j:image

内風呂と露天風呂。どちらも加温循環。

f:id:ayumu27:20201219071733j:image

内風呂は一見、檜⁈とおもうけど、縁だけ。

湯口からは45度くらいの加温湯が注がれていて

f:id:ayumu27:20201219071715j:image

湯船の中は40度。
f:id:ayumu27:20201219071758j:image

露天風呂の方がぬるめで

f:id:ayumu27:20201219071801j:image

湯口からは38度くらいの湯が出ていて、湯船は41.5度。すくってみてもほとんど消毒臭はしない。

f:id:ayumu27:20201219071726j:image

循環だから私は入らず、大浴場に行かない旦那さん専用風呂。

大浴場の源泉湯船だけがかけ流し湯船だけど、本館まで遠くて億劫。たくさん大浴場や湯船作らず、源泉を楽しめるようにしたらいいのに。せめて、せめて、加温かけ流しとか。

f:id:ayumu27:20201219092747j:image

蟹との両立は難しい。

 

辰口温泉 まつさき

★★

含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉

36.5度

pH 7.96

210ℓ/分

加水なし 加温循環消毒あり ※源泉湯船あり

2020.12.12 宿泊