温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

宇奈月温泉 延楽(富山)

北陸新幹線で2時間20分の黒部宇奈月温泉駅。そこから車でも富山地鉄でも20分ほどの宇奈月温泉は、黒部峡谷の玄関口にあり、富山県随一の規模を誇る温泉郷

f:id:ayumu27:20201117204310j:image

黒部川上流の黒薙温泉 黒薙温泉旅館(富山) - 温泉手帖♨︎から引湯し、1923(大正12)年に開湯。以来、多くの文人墨客から愛されてきた歴史があり、今も11軒の温泉旅館と民宿や保養所が点在してる。

f:id:ayumu27:20201116232636j:image

かけ流しがある中から選んだ宿は、昭和12年創業、初代が料理人という老舗温泉旅館の延楽。

f:id:ayumu27:20201117214217j:image

全室窓越しに雄大な黒部の自然美と黒部川の渓流を望む。

f:id:ayumu27:20201116232041j:image

大浴場は2階にあり、一晩中入ることができる。男女入れ替えはなし。バスタオルが備え付けなので、何度も気軽に行ける。

f:id:ayumu27:20201116232618j:image

内風呂がひとつで、壁際にシャワーがずらり。

f:id:ayumu27:20201116232654j:image

サウナと水風呂がついてる。

f:id:ayumu27:20201116232647j:image

かなり大きな湯船。

f:id:ayumu27:20201116232644j:image

源泉は黒部川上流にある黒薙温泉で黒部峡谷最古の温泉。湯量が豊富で毎分2000ℓもの湯を宇奈月温泉に引いている。

f:id:ayumu27:20201117214914j:image

ロッコに並走した7kmにも及ぶ引湯管を使ってる。

f:id:ayumu27:20201116232044j:image

源泉は90度を超える高温なので、いくらか加水して引湯し、宇奈月温泉街に到達した時点で65度ほどらしい。

f:id:ayumu27:20201116232505j:image

実際この湯口の湯温は65度。循環濾過してるので、湯船の温度は41.3度くらい。消毒臭はそれほどでもない。

f:id:ayumu27:20201116232013j:image

循環はしてるもののかけ流しと併用で、縁から惜しみなく湯が溢れているので、気持ちよく入れる。

f:id:ayumu27:20201116232601j:image

湯量が豊富だからできることなのかな。

f:id:ayumu27:20201116232105j:image

日本随一の透明度と謳っている。透明な湯を何をもって随一というのかさっぱり分からないけれど、黒部川の清流を思わせる無色透明の湯と表現されている。

湯船からも峡谷を望むことができる。

f:id:ayumu27:20201116232115j:image

泉質はpH8.5の弱アルカリ性単純温泉。成分の薄い優しいお湯だけど、重曹成分を含み、アルカリ性なのであえて言うなら美肌の湯。

塩素消毒していて循環だから、美肌にいいかは疑問だけど。

f:id:ayumu27:20201116232615j:image

掲示している分析書に、手書きで利用状況を記載していて、ものすごく好感が持てる。

f:id:ayumu27:20201116232036j:image
大浴場とは別に露天風呂が2つあり、男女入れ替え制。

3階にある檜風呂が華の湯で、1階のが琴音の湯。夜は25時までで、翌朝5時から男女入れ替え。

f:id:ayumu27:20201116232122j:image

チェックインから25時まで、華の湯が女湯。

f:id:ayumu27:20201116232033j:image
全ての浴室にバスタオルがある。

f:id:ayumu27:20201116232522j:image

湯船だけでなく、床も壁も天井も木造りで圧巻。

f:id:ayumu27:20201116232650j:image

ここから渓谷が眺められたら、さらに圧巻なのだろうけど、真っ暗。部屋から写真撮ってる場合じゃなかった。早く来ればよかった。とにかく真っ暗。

f:id:ayumu27:20201118233640p:image

きっと部屋から見たのと同じ景色が、湯船から眺められたのだと思う。額縁に見たてた檜の枠から見える峡谷は、絵画のような素晴らしい見栄えなんだろうな。こんな感じ?雑な加工で失礼。

f:id:ayumu27:20201116232927j:image
長細い浴室に長細い湯船、奥に小さな洗い場がある。シャワーが3つ。シャンプーなども揃ってる。

f:id:ayumu27:20201116232509j:image

これだけの木造りなら、木の香りがぷんぷんしてそうだけど、そんなこともない。

f:id:ayumu27:20201118102914j:image

縁の光沢ある檜が美しい。

f:id:ayumu27:20201116232621j:image

湯船の底も檜で、座り心地がいい。

f:id:ayumu27:20201116232538j:image
湯口からは加水された源泉が注がれ、

f:id:ayumu27:20201116232604j:image

縁から溢れかけ流されてる。唯一のかけ流しの湯船。湯温は42度くらい。露天といえど、完全に屋内なので、42度だと少し熱い。

f:id:ayumu27:20201116232558j:image

宮大工である匠の衆が、樹齢400年の檜で造った檜風呂。

f:id:ayumu27:20201116232054j:image

塩素臭がすごくて、せっかくの檜風呂が台無し。かけ流しだと仕方ないんだろうな。あれだけたくさんの人が入るわけだし。

唯一のかけ流し風呂が残念で、しかも真っ暗で景色も見えず。

f:id:ayumu27:20201116232129j:image

翌朝は1階の琴音の湯へ。朝食前は鬼混みだったので、朝食後にリトライ。

f:id:ayumu27:20201117222754j:image

予想通りの独泉。

f:id:ayumu27:20201117222647j:image

脱衣所からも渓谷が見えてる。あぁこれが宇奈月温泉の醍醐味なんだな。

f:id:ayumu27:20201117222743j:image

湯船は2つあり、脱衣所から見えていた岩風呂が上段にあり、数段降りたところにもう1つ。

眼下には清流黒部川

f:id:ayumu27:20201117222857j:image
岩風呂の手前にはシャワーが2つ。

f:id:ayumu27:20201117222716j:image

右側に見える筒みたいなところから湯が出ているけど、循環なので湯船の中からぼこぼこと出てる。

湯船の温度は41.5度ちょっと。循環したお湯が出てくる独特の泡が少し肌に付くので、ふわりとした肌触り。消毒臭はそれほどでもない。

f:id:ayumu27:20201118104749j:image

黒部川の流れをイメージしたという岩の露天風呂。お肌に優しい緑石を使用しているそう。

f:id:ayumu27:20201117222750j:image
大浴場の内風呂同様、かけ流し併用でざばざばとかけ流されてるので気持ちいい。

f:id:ayumu27:20201117222729j:image
下の段にもシャワーが2つ。仕切りがあるタイプ。床が板張りで歩き心地がいい。

f:id:ayumu27:20201117222726j:image

ブルーのタイルの湯船で、縁だけ檜。ゆったりサイズ。

f:id:ayumu27:20201117222816j:image
2つの湯船の位置関係はこんな感じ。

f:id:ayumu27:20201117222901j:image

こちらも循環だけど、縁からは溢れ出てる。湯温は42.5度くらいと、少し熱め。下の段の方がぬるいイメージだけど、逆。

f:id:ayumu27:20201117222916j:image

宇奈月温泉の湯の透明度が日本一高いというのは、大自然の景色を映し出した時の美しさからきてるのかな。

f:id:ayumu27:20201118110952j:image

 

宇奈月温泉 延楽

アルカリ性単純温泉

98.3度

pH 8.52

2000ℓ/分

内湯(男1 女1)露天風呂3

加水循環消毒あり 加温なし

※華の湯のみ循環なし

2020.11.14 宿泊