温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

地獄温泉 青風荘.(熊本)

熊本地震から4年半。やっと南阿蘇の地獄温泉に泊まれる日がやってきた。

f:id:ayumu27:20201013164821j:image

足元湧出の地獄温泉。いつか行きたい、すぐにでも行きたい温泉だったけど、2016年の熊本地震、その後の大雨による土石流で敷地の7割が土石で埋まり、明治時代からの建物など8割が壊滅的な被害を受けた清風荘。

再開をきっかけに「清風荘」から、氵(さんずい)を外した「青風荘.」に変え、屋号から‘水分’を少なくしたのだそう。

f:id:ayumu27:20201011005942j:image

熊本空港からレンタカーで40分。阿蘇五岳の一つ、烏帽子岳の中腹に湧く温泉。

江戸時代の文化5年(1808)創業、200年以上の歴史をもち、7代にわたって受け継がれる宿 青風荘.。9月18日に、離れの3棟から宿泊が再開した。

駐車場からフロントへ向かうと、頑丈そうなコンクリート。一見違和感があったものの、眺めれば眺めるほど、透明感溢れる建物と自然の山風景が妙に融合してる気がしてくる。

f:id:ayumu27:20201013164115j:image

しかも上部はテラスになっていて、朝食後の珈琲を頂くことも出来る。ちょうどコスモスが満開だった。

この先、また自然災害が起きても大丈夫なようにと、敷地内にはシェルターになり得るコンクリートの建物がいくつも作られている。

f:id:ayumu27:20201011005830j:image

「すずめの湯」の脱衣所もその一つ。

f:id:ayumu27:20201011005837j:image

1年半前の4月に日帰り入浴を再開したすずめの湯。

中に入ると、外観とは全く異なる木造りで、ロッカーも天井も全部木。天窓もあり明るい雰囲気。

1年以上使用されているとは思えないほど、ぴかぴかの脱衣所。洗面台に、ドライヤーまである。

f:id:ayumu27:20201011005845j:image

出入口のドアを開けると、浴室との間にスペースがあり、タオルなど置ける棚と脱水機が設置してある。

f:id:ayumu27:20201011005813j:image

以前の木造りの風情ある湯小屋が好みだと思っていたけど、壁がコンクリでも湯船や床、梁や天井が木造りで、あまりにもお洒落な素敵風情がそこにあった。

f:id:ayumu27:20201011005819j:image

内湯にはシャワーはなくカランが2つあるだけ。露天風呂で着ていた湯浴み着をこのカランで洗ってから、脱水機にかける。

f:id:ayumu27:20201013172235j:image

露天風呂にはもちろん洗い場はないので、この内湯で身体を流してから。

f:id:ayumu27:20201011005902j:image

濁り湯で、かつ照明が薄暗いので、湯船の中が分からない。この見取り図を頼りに右奥の手摺り側からそっと湯に入る。

f:id:ayumu27:20201011010039j:image

お湯は左奥から投入され、右手前からかけ流されている。

f:id:ayumu27:20201011010032j:image

湯口からは62度くらいの熱い源泉が注がれていて、隣にあるカランからは水が出てる。すずめの湯の熱い源泉を引いているみたい。水は外にある水風呂の冷泉かな。

湯船の温度は41.5度くらい。

f:id:ayumu27:20201011005856j:image

灰色の薄濁りで、肌にじっとりとしたお湯。

f:id:ayumu27:20201011005938j:image

さて、いよいよ念願のすずめの湯へ。

f:id:ayumu27:20201014161351j:image

この出入口から出たところは休憩所になっていて、その先が露天風呂。

f:id:ayumu27:20201013172910j:image

以前は女性専用時間もあったけど混浴だったのが、湯浴み着か水着での入浴に変わった。

宿泊者にはタオルとかと一緒に、レンタル湯浴み着が入ってる。

f:id:ayumu27:20201014154937j:image

前に青風荘.の湯浴み着アンケート調査にも参加したけど、基本的に湯浴み着の入浴は好きではない。でも、酸ヶ湯温泉 国民保養温泉地 酸ヶ湯温泉旅館(青森) - 温泉手帖♨︎とか白骨温泉 泡の湯(長野) - 温泉手帖♨︎やここみたいに混浴の湯船にどうしても入りたい時はやむを得ない。

f:id:ayumu27:20201013165334j:image

露天風呂は屋根付きなので雨でも大丈夫だし、虫や葉っぱも全くなかった。

湯船は2つあり、左があつめの湯、

f:id:ayumu27:20201011010412j:image

右がぬるめの湯。

f:id:ayumu27:20201013173250j:image

さらに右奥の下に冷泉の湯船。再開に際して新しく作られたもの。

無色透明無味無臭で温度は15度程、らしい。ちょっと寒くて、測りに行かなかった。

メタケイ酸規定の冷鉱泉で源泉かけ流し。これで交互浴ができるけど、秋も深まりつつあり、今回はぬる湯で充分だった。

f:id:ayumu27:20201013175723j:image

この湯船の側に男性用の脱衣所。

f:id:ayumu27:20201013233457j:image

2つの湯船の間にはベンチの置いてあるスペースがあり、出たり入ったり休んだり、ゆっくりすずめの湯を味わえるようになっている。

f:id:ayumu27:20201011005823j:image

中央には効能などがお洒落に掲げられている。

古くから湯治場として栄え、江戸時代には熊本藩士のみに入浴が許されたという、傷ついた体を癒す名湯。

f:id:ayumu27:20201013175726j:image

奇跡的に土石流の被害から逃れていたという、地獄温泉のシンボル、足元湧出のすずめの湯。

あつ湯は正方形の湯船。熱い源泉が足元から湧出してる。

f:id:ayumu27:20201011005816j:image

しっかり濁っているので、湯船の中は全く分からない。見取り図によると、端に段差があるみたい。

f:id:ayumu27:20201011005914j:image
ぼこぼこと音を立てて湧き上がっているお湯に、一歩入ってみたけど熱くて無理で、縁から湯温を測ると45度超え。

f:id:ayumu27:20201011005952j:image

湯船の至る所から湧いているので、場所によって湯温が異なるみたいだけど、ベースが熱すぎてチャレンジさえできない。

f:id:ayumu27:20201011005858j:image

左奥から冷泉が注がれているので、その辺りが1番ぬるいよと、ベテランさんに教えてもらい、縁から湯口のあたりを測ってみたけど44.5度超え。

f:id:ayumu27:20201013180855j:image

だってこの湯口の周りからも、ぼこぼことめっちゃ湧いてるもん。

慣れれば入れるよ、と笑っておられた。

f:id:ayumu27:20201011005909j:image
さて、お目当のぬる湯へ。

f:id:ayumu27:20201013231520j:image
あつ湯よりもかなり広い湯船。真ん中に大きな太い柱。柱の下にある大きな岩は土石流で流れてきたものだそう。

柱や梁などの主要な部分は以前のものを使用している。

f:id:ayumu27:20201013232509j:image

すずめの湯といえば、湯船の仕切りがなんとも秘湯風情というか湯治場風情があり印象的だった。いくつかに仕切られた湯船の湯温がそれぞれ異なるという。

けど、新しくなったすずめの湯は、仕切りのない広々した湯船。

残念だけど、仕切りの中に誰かが入っていたら入りづらいのもよく分かる。

200年以上、7代も続く温泉宿。この機会に古きと新しき、選別したり融合したり、たくさん考えてるんだろうな。

f:id:ayumu27:20201013231538j:image

ほんの少し青みがかった灰色の白濁した湯。全く湯船の中は見えない。どこから入ればいいか、恐るおそる足を踏み入れてみるしかない。

f:id:ayumu27:20201011005840j:image

湯底には大小の石が敷かれていて、さっさと歩くことは出来ない。しゃがんだまま、浮くように歩いて移動。

f:id:ayumu27:20201011010752j:image

見渡す限り、至る所からぶくぶくと源泉が湧いている。

このぶくぶくの景色、藤七温泉 彩雲荘(岩手) - 温泉手帖♨︎と同じ。でも、あそこまで野趣あふれる雰囲気ではないし、彩雲荘は湧き水で加水してるからひと味違うか。

加水も加温もせずに入れるここは、まさに奇跡の温泉。

f:id:ayumu27:20201011010735j:image
ちょうど腰を下ろした場所から、熱めのが湧いていたり、足の裏辺りがふわふわしたり。湯船が源泉そのもの。

f:id:ayumu27:20201011010742j:image

湯船の外でも、しゅーしゅーと熱い湯気が出てる箇所があり、あちっとなったりする。

f:id:ayumu27:20201011010802j:image

夕方は39度くらいだったぬる湯。翌朝は40度前後だった。長湯もできる適温で、じっくりとお湯を堪能できる。

f:id:ayumu27:20201014162959j:image

日帰り入浴の時間は10時から17時まで。到着したのがすでに17時過ぎだったので、宿泊客3組(この日は2組)の他は年間パスポートをお持ちのベテランさんしか入れない時間帯。

のんびり念願のお湯を確かめるようにかみしめる。

f:id:ayumu27:20201014155607j:image

すずめの湯の混合泉はpH2.8の酸性硫黄泉。酸性泉も硫黄泉も、高い殺菌作用があり皮膚病や切り傷に効果がある。

でも酸性っぽい軋みはほとんどない。天然の保湿成分のメタケイ酸が166mgも含まれ、硫黄成分は角質を溶かしてくれる美肌の湯。

しかも自然に足元から湧き続けかけ流されている、これ以上ない新鮮なお湯。

f:id:ayumu27:20201011010748j:image

夕暮れ時、秋の匂い、いや硫黄の香りに包まれて、湯に身体を預ける。

虫の音と、そこら中からぽこぽこぷくぷくぷちぷちぼこぼこ湯の音。

さわさわふわふわと肌に触れながら湧き上がってくる源泉。自然の恵を体感する至極の湯。

f:id:ayumu27:20201014162027j:image

湯船に浮かべられた桶に泥が入ってるとの認識だったけど、それはなかった。湯船の底は石なので、底からすくうってのも出来ず。気づけば名物の泥パックしてないじゃん、とあとの祭り。

f:id:ayumu27:20201014164653j:image

安全で頑丈なコンクリートで造られた山竈処(旬菜)あそつみで夕食を頂いた後、フロント棟との間の石段を上がり大浴場へ。

f:id:ayumu27:20201014164249j:image

すずめの湯の他に、親しまれてきたお湯「仇討の湯」と「元湯」。

仇討の湯の脱衣場があったあたりに新しく建てられたのが今から向かう「たまごの湯」。

f:id:ayumu27:20201014164327j:image

仇討の湯の源泉名たまご地獄から名付けられたたまごの湯。

f:id:ayumu27:20201014164150j:image

震災や土砂災害に耐えられるRC構造で造られている。

敷地の一番高いところに位置するたまごの湯。今後もし土砂災害があったとしても、この建物が障壁となり、シェルターにもなり、地獄温泉を守るという役目を兼ねている。

f:id:ayumu27:20201014164200j:image

安心して足を踏み入れることができるし、フロント棟同様、木材との融合がとてもお洒落。

f:id:ayumu27:20201014164102j:image

中に入るとほっとする。木造りの柔らかな雰囲気。畳エリアが2箇所もあり、本当にたくさん考えられた施設だと改めて思う。

f:id:ayumu27:20201014164123j:image

洗面台のタイルがまた可愛い。

すずめの湯は撮影可だけど、内湯はだめ。まだ離れしかオープンしてなくて、誰にも会わない独泉なのでお許しください。

f:id:ayumu27:20201014164241j:image

浴室はちょっと珍しい造りで、正面にドア。左手にずらりとシャワー。8個だったかな。右手にはかけ湯。

f:id:ayumu27:20201014171825j:image
タイルが変色してる。温泉なんだろうな。かけ流しの38度。

f:id:ayumu27:20201014164215j:image
めちゃくちゃ綺麗に整頓された洗い場。充分な広さがあり清潔。リンスインシャンプーとボディーソープが備え付け。

f:id:ayumu27:20201014164119j:image

洗い場の背後は大きなガラス戸で、自由に開閉できる。

f:id:ayumu27:20201014164316j:image
腰高窓なので、ここからは行けないけど、窓の向こうに湯船がある。洗い場と湯船が繋がってるけど、きちんと分かれてる。

f:id:ayumu27:20201014164129j:image
湯船の奥も全面大きな窓ガラス。開放してあるので半露天風呂みたいな状態。

f:id:ayumu27:20201014164252j:image

湯船側から見るとこんな造り。あ、洗い場側からも行き来できる扉があった。

f:id:ayumu27:20201014164258j:image
洗い場の石鹸とかが床に流れてこないし、目隠しにもなるし、最強の造りかも。

f:id:ayumu27:20201014164218j:image

湯船はとても大きく、湯温は42度ちょい。

f:id:ayumu27:20201014164126j:image
元地獄とたまご地獄の2つの源泉をブレンドした源泉が投入されてる。

f:id:ayumu27:20201015225330j:image

どちらも自然湧出で、源泉温度は60度。pH3.0の酸性の硫黄泉。

f:id:ayumu27:20201014164113j:image
薄い灰色に濁った湯で、白い細かい湯の花がたくさん。中の段差に溜まっている湯の花は、足を入れるとぶわっと舞い上がる。

f:id:ayumu27:20201014164116j:image
源泉温度が高いわりに熱過ぎなくてほっとした。湯船が大きく、窓も全開だからかな。
f:id:ayumu27:20201014164321j:image
酸性の軋みよりも、硫酸塩泉のじっとり肌に馴染む感じ。すずめの湯と比べると少しマイルドな気も。

外から見たコンクリートの部分はテラスみたいになってるけど、立ち入り禁止。夜でもこの開放感。明るい時間は気持ち良さそう。

f:id:ayumu27:20201014164051j:image

たまごの湯には露天風呂がある。
これが、地震にも土石流にも負けず生き残っていた仇討の湯。

f:id:ayumu27:20201015195449j:image

岩で囲まれた湯船。

気になるのは横をさらさらと流れていく湯の川。

f:id:ayumu27:20201015194514j:image

一番奥に排湯口があり、そこからかけ流されていくお湯が湯船の横を通り過ぎていく。

f:id:ayumu27:20201015195017j:image

夜で真っ暗だからなのか分からないけど、綺麗なエメラルドグリーンに色付いた流れ道を、落ち葉と一緒にさらさらと。

f:id:ayumu27:20201015194517j:image
湯口の近くの湯温は42度ちょっと。内湯と同じ、薄く濁った硫黄泉のかけ流し。

f:id:ayumu27:20201015172311j:image
湯の花がたくさん浮いてて、油膜のようだった。

f:id:ayumu27:20201015172333j:image
岩の露天風呂、特に夜は、何かがすんでそうな妄想がおさまらなくて怖くなる。葉っぱや虫も苦手なので早々に退散。

f:id:ayumu27:20201015194845j:image

露天風呂の湯船から浴室を見上げる。うん、しっかり守ってくれそうな安心感がある。

f:id:ayumu27:20201017214834j:image

大浴場からの帰り道。星がすごかった。

f:id:ayumu27:20201015201013j:image

たまごの湯の足もとにあるのが「元の湯」。

f:id:ayumu27:20201015201042j:image

2つともすずめの湯同様、夜は10時までで朝が6時から。翌朝に男女入れ替えとなる。

f:id:ayumu27:20201015201127j:image

昨夜は暗くて見えなかったけど、ここにも効能の立て看板。

f:id:ayumu27:20201015201105j:image

最近ちょいちょい見かける、棚が脱衣所の真ん中にあるの使い勝手がよくていい。

f:id:ayumu27:20201015201029j:image

たまごの湯と同じような造りで、入るとすぐ正面に湯船のある浴室の扉があり、

f:id:ayumu27:20201016214903j:image

左手にかけ湯。

f:id:ayumu27:20201015201058j:image

右手にシャワーのある洗い場。

f:id:ayumu27:20201015201026j:image

やっぱり湯船と洗い場はガラスの窓と扉で仕切られてる。

f:id:ayumu27:20201015201022j:image

ものすごい綺麗で整然とした洗い場。ここまで清潔で気持ちいいの、なかなかない。次に来た時も保たれてたらいいな。シャワーは9つ。

f:id:ayumu27:20201015201101j:image

元湯は本館にあった内湯で、場所を変えて復活。

f:id:ayumu27:20201015201109j:image

元湯の湯船に使っていた石をそのまま使用しているそう。

f:id:ayumu27:20201015204421j:image

立派な大きな石造りの湯船。

f:id:ayumu27:20201015201004j:image

湯口は真ん中あたりに、上からパイプが降りてきてて、勢いよく湯が投入されてる。

f:id:ayumu27:20201015201032j:image

湯口から出てくるお湯は46度強で、湯船の温度は43度弱。

源泉はたまごの湯と同じ、pH3.0の酸性硫黄泉。

f:id:ayumu27:20201015201049j:image

縁のあらゆるところから、湯が溢れていく。

f:id:ayumu27:20201015201123j:image

昨夜、仇討の湯で見たエメラルドグリーンと同じ析出物かな。

f:id:ayumu27:20201015201052j:image

湯面には白い湯の花が浮いてる。他の湯船より透明度が高かった。朝一だからなのか、明るいからなのか分からないけど。

f:id:ayumu27:20201015214437j:image

宿泊した離れは、すずめの湯の側面に位置する。

f:id:ayumu27:20201015214054j:image

鍵は暗証番号式で、鍵を持ち歩く必要がない優れもの。

f:id:ayumu27:20201015214245j:image

部屋からの眺め。すぐ真下がすずめの湯。そして左手に見えているのが、部屋のお風呂。離れにはなんと専用半露天風呂がついてる。

f:id:ayumu27:20201015214116j:image

眺めもいいし、ゆったり湯船、何より清潔。

このガラス戸の手前が洗い場。ここでも、湯船と洗い場の分離。

f:id:ayumu27:20201015214046j:image

しかも、透明な仕切りが、無いみたいに綺麗にされてる。

f:id:ayumu27:20201015214213j:image

夜中じゅういつでも入ることができる、かけ流しの湯船。

f:id:ayumu27:20201015214119j:image

熱かったら水を足してと言われたので、熱いのかと、とりあえず窓を全開に。

夜中に入った時、上側だけ熱かったので、かき混ぜ棒でしっかり混ぜてから入ると、40度くらいで適温だった。

f:id:ayumu27:20201015213954j:image

なんとこの源泉、離れだけの専用源泉!

湯口からは硫化水素臭がするけど、大浴場やすずめの湯の硫黄臭がすごいので、あまり匂わない感じがしてしまう。

f:id:ayumu27:20201015214040j:image

55度の熱い源泉がそのまま投入されてる。

水を確保しようと掘ったら温泉に当たったそう。湯量が多くないので離れだけとのことだけど、毎分74ℓってそれでかけ流しの大浴場やってるところもたくさんある。

なんて贅沢なんだ。離れプレミアム。

f:id:ayumu27:20201015225644j:image

ふわりとしたなめらかな肌触りで、保湿のメタケイ酸が多く含まれている美肌の湯。pH5.5の弱酸性で、他の3つの酸性の源泉より肌に優しい。

硫黄臭というより金気臭を感じる。

f:id:ayumu27:20201017181325j:image

無色透明なお湯で、大小様々な白や灰色の湯の花が舞ってる。湯底の隅にはざらりとした湯の花が溜まってた。

f:id:ayumu27:20201015214058j:image

すずめの湯は別格だとして、酸性でちょっと熱めの大浴場より、部屋の弱酸性の40度の方がはるかに好み。若干、重曹泉っぽい肌触りも心地いい。しかも、358mgも遊離二酸化炭素を含んでる。

あぁ、この部屋風呂の争奪戦。家族内で。もっとこのお湯を堪能したかった。本館オープン前の宿泊客が3組しかいない間にもう一度行きたいな。

f:id:ayumu27:20201016220112j:image

食事もこだわっていて凝っていて美味。朝ごはんの最後に炭火でじっくり焼いてくれるフレンチトースト。

この宿の虜にならない人はいないと思う。

 

地獄温泉 青風荘.

★★★★★

[すずめの湯]

酸性単純硫黄温泉

48.0度

pH 2.8

[たまごの湯・元の湯]

酸性単純硫黄温泉

60.3度

pH 3.0

[離れの湯]

単純硫黄温泉

54.0度

pH 5.5

74ℓ/分

内湯4 露天風呂3 離れ客室風呂3

加温加水循環消毒なし

2020.10.10 宿泊