温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

由布院温泉 亀の井別荘(大分)

金鱗湖の畔に佇む大正10年創業の老舗宿、亀の井別荘。

f:id:ayumu27:20200923164107j:image

別府温泉に亀の井旅館を開き、別府観光の父と呼ばれる油屋熊八が、貴人接待のために大正時代に築いた別荘。

f:id:ayumu27:20200923162646j:image

毎年この時季に予定するも台風の影響で叶わず、3年越しでやっと潜ることができた茅葺門。木々に囲まれた別世界がそこにある。

f:id:ayumu27:20200923162631j:image

由布院温泉は湧出量、源泉数ともに全国2位を誇る湯量豊富な温泉地。

亀の井別荘は1万坪もの広大な敷地内に4本の源泉を有し、14の離れと6つの洋室すべての客室で源泉かけ流しの温泉を楽しめる。

f:id:ayumu27:20200923162444j:image

大浴場は離れにあり、チェックインからチェックアウトの11時まで一晩中入ることができる。

趣の異なる露天風呂を備えた「草の湯」と「星の湯」。夜の0時に男女入れ替え。

f:id:ayumu27:20200923162455j:image

まずは草の湯。

清潔でゆったりした脱衣所。タオルもバスタオルも備え付いている。もちろんアメニティも揃ってる。

f:id:ayumu27:20200923193002j:image

思わずわっと声を上げてしまいそうな内風呂。老舗の温泉宿の木造りの風情ある大浴場とは全く異なる。

扉と天井がガラスの開放的な造り。広いので、一見日帰り入浴施設みたいに感じるのだけど、何より天井の高さに、この柱と天井のデザイン。

f:id:ayumu27:20200923192926j:image
シャワーは壁際二面に5つ。かなり出が弱いけど、シャワーのお湯も源泉100%。

こんなに広い湯船が源泉かけ流し。

f:id:ayumu27:20200923223938j:image
奥にある湯口からは40度くらいの源泉が出てる。

f:id:ayumu27:20200923192903j:image
湯船の温度は41.5度弱。この湯口以外に、湯船の中に湯口があり、もっと熱い源泉が投入されてるみたい。

f:id:ayumu27:20200923192852j:image

4本の源泉がいくつかのタンクに集められ、配湯されている。ちょうど適温に保ってるなんてすごい。

f:id:ayumu27:20200923192826j:image

薄暗くなった露天風呂はまるで林みたい。大浴場は広い庭の中にある。

f:id:ayumu27:20200923192841j:image

湯船はふたつ。手前にある長方形の湯船は、屋根が付いている。

f:id:ayumu27:20200923192944j:image

半分が浅くなっていて半身浴ができる、こじんまりした湯船。

f:id:ayumu27:20200923192930j:image

湯口から出るお湯は40度ちょいで、湯船は41.5度強。こちらも湯船の中に違う湯温の源泉が投入され、適温にしてある。

f:id:ayumu27:20200923192921j:image

溢れたお湯はこちらからかけ流されていく。

f:id:ayumu27:20200923192955j:image

もう一方の湯船は大きな円形で、ほんとに露天。湯温は同じくらい。

f:id:ayumu27:20200923192940j:image

湯の中で肌を撫でるとつるりとした肌触りでつるつべ。天然の保湿成分メタケイ酸が177mgも含まれている。湯上がりの肌はじっとりねっとり、塩化物泉みたいな感じ。

f:id:ayumu27:20200923192859j:image

露天風呂から見た大浴場の内風呂が素敵な雰囲気。どんな人がデザインしたんだろう。

f:id:ayumu27:20200923192817j:image

自家源泉は弱アルカリ性単純温泉重曹泉系なのでつるりとしてて美肌の湯。

f:id:ayumu27:20200923192936j:image

もう一方の大浴場、星の湯は翌朝に。

f:id:ayumu27:20200923192821j:image

同じような内風呂なのだけど、時間帯が違うだけで、全く違って見える。昨夜にも増して開放感がある。

f:id:ayumu27:20200923230737j:image

自然石を配した湯船に、ガラス張りの天井から朝の陽射しが降り注ぐ、なんとも贅沢な空間。

f:id:ayumu27:20200923230617j:image
時間が経つごとに、木々が鮮やかに見え始めた。

f:id:ayumu27:20200923230636j:image

カランもシンプルでお洒落。

f:id:ayumu27:20200923232023j:image

ここまですっきりして見えるのもなかなかない。いつも邪魔だと思う湯桶は、こんな素敵に収納されてた。

f:id:ayumu27:20200923232030j:image

湯口から出る源泉は40度ちょっとで、湯船の湯温は41.5度強の適温。この時期だとちょうど熱すぎもせずゆっくり浸かれる。

f:id:ayumu27:20200923232035j:image
どの湯船も気持ちよくかけ流されてる。

f:id:ayumu27:20200923232055j:image
星の湯の露天風呂はひとつだけ。

f:id:ayumu27:20200923231946j:image

湯船までの足元の木が気持ちいい。庭に面してる。

f:id:ayumu27:20200923232359j:image

竹から流れ込む源泉は39度ちょい。

f:id:ayumu27:20200923232047j:image

湯船の湯温は42度弱。贅沢にかけ流し。

f:id:ayumu27:20200923232026j:image

ここから、隣の草の湯の大浴場も見える。あのガラス張りの天井の真ん中の部分、あんな風になってるんだ。可愛い。

f:id:ayumu27:20200923232044j:image

大浴場源泉かけ流しで、しかも一晩中入れるのに、14の離れと本館の6部屋すべてにかけ流しの温泉が付いてる。

今回選んだのは本館の奥由布。本館の中では唯一露天風呂がある部屋。

f:id:ayumu27:20200923233342j:image
壁や天井が木造りで落ち着く。シンプルで清潔な浴室。

シャワーは大浴場は源泉だったけど、部屋のは100%源泉ではないそう。でも、その分だけ、出がいいのでシャンプーは部屋で。

f:id:ayumu27:20200923233349j:image

檜の内風呂。50度近いお湯がかけ流されていて、湯船の湯温が45度くらいあってびっくりした。

f:id:ayumu27:20200923233420j:image

でも右手に蛇口が2つあり、源泉と水を各自で調整できる。湯量調整や、しないけど加水も可能。

一旦源泉を止めておいて、少し冷めてからぬる湯を堪能。源泉の湯量を自由に調整できるの最高。

f:id:ayumu27:20200923233405j:image
露天風呂は広い。

f:id:ayumu27:20200923233345j:image

湯船もかなり広いし、休憩スペースも広々。

f:id:ayumu27:20200924223339j:image

雄大由布岳を望み、上を見上げると遮るものがない空。なんて贅沢な部屋風呂。

f:id:ayumu27:20200923233402j:image
しかも湯温調整できるときた。

f:id:ayumu27:20200923233335j:image
チェックイン時にはかけ流し状態で42度くらいだったので、少し湯量をしぼれば程よいぬる湯に。

f:id:ayumu27:20200923233427j:image
こんな感じの造りになってる。

f:id:ayumu27:20200923233410j:image

またこの部屋に泊まりたいな。

言うまでもなく、お料理はかなり美味しい。本館側だからか、仲居さんではなくスマートなホテルマンが対応してくれて、予想を裏切るほどに接客レベルが高かった。期待を1ミリも裏切らない宿。

 

由布院温泉 亀の井別荘

★★★★

単純温泉

50.6度

pH 8.1

内湯2 露天風呂3 +客室風呂

加水加温循環消毒なし

2020.9.19 宿泊