温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

天然田園温泉 ふかほり邸(福岡)

福岡空港から高速使って50分、佐賀空港だと40分の久留米市三潴町。最寄駅はJR西牟田駅で車で5分ほど。筑後平野の田園地帯に佇む江戸時代より続く深堀邸。

f:id:ayumu27:20200817141037j:image

車を降りて木々の茂る小道を進むと、石段の先に母屋が現れる。
f:id:ayumu27:20200817140956j:image

築180年以上の旧家をリノベーションし、2008年に宿としてオープンしたふかほり邸。

4,000坪の敷地には、農園や鶏舎、緑豊かな庭があり、離れ形式の客室がわずか5棟。それぞれに元々ここにある樹木の名前が付いている。なぎ、ひめしゃら、ゆすらうめ、ゆずりは、かりん。

f:id:ayumu27:20200817141011j:image

大浴場も離れのひとつのような別棟で、緑の中を出かけていく。
f:id:ayumu27:20200817140953j:image

右が女湯、左が男湯。

利用時間は15時半から24時までで、朝の利用はできない。
f:id:ayumu27:20200817141028j:image

脱衣籠のある棚が真ん中にあり、綿棒やシャワーキャップはあるけど、化粧水系は置いてない。タオルはフェイスタオルもバスタオルも備えてある。
f:id:ayumu27:20200817141050j:image

清潔で洗練された脱衣所。

この凝ったお洒落な壁が浴室まで続いている。
f:id:ayumu27:20200817141032j:image

内湯と露天風呂があり、シャワーは4つ。
f:id:ayumu27:20200817141018j:image

中と外との間のガラス戸が開いていて、薄暗い照明なのに、奥の緑まで続くような開放感がある。
f:id:ayumu27:20200817141042j:image

内風呂にはミネラルを多く含む、岩盤浴に使用される大分の鉄鉱石が使われているので、よく暖まるそう。

f:id:ayumu27:20200817140959j:image

湯温が42.5度超えの熱さで、足をつけただけでここには入らず。

源泉温度が36度なので、加温してかけ流し。消毒もしてるけど、pH 9.78ものアルカリ泉なので塩素臭は全く感じない。

f:id:ayumu27:20200820175503j:image

かなり強いアルカリ性で、足だけでもぬるぬる感を感じる。
f:id:ayumu27:20200817141021j:image

硫黄泉だけど、きつすぎないほんのり硫黄の匂い。循環なしの源泉かけ流しで、ざばざばと湯が流されてる。
f:id:ayumu27:20200817141046j:image
露天風呂は広々。水色の石は、遠赤外線効果のあるラジウム鉱石。

f:id:ayumu27:20200818082754j:image

緑の中の湯船。でも意外に虫はいない。アゲハ蝶は跳んでるけど。

蝉の声や山鳩の鳴き声に癒される。
f:id:ayumu27:20200818082805j:image

湯温は40.5度前後で内風呂よりぬるめ。長湯はできないけど、石に腰掛け半身浴しながら森林浴。石は耳納連山のもの。

f:id:ayumu27:20200818082735j:image

このお湯、最強レベルのぬるぬる。とろりとした湯感触でぬるぬるつるつるの肌触り。お湯から出した手がぬるぬるするほど。

乳液のような肌ざわりが特徴と記載されてたけど、いえいえこれは美容液です。f:id:ayumu27:20200818082802j:image
湯口から注がれるお湯を手で受け、硫黄の匂いを楽しみながら、顔を洗うと至極のぬるぬる。
f:id:ayumu27:20200818082656j:image

湯船に浮かぶ落ち葉も美しく思えてしまうマジック。

5組しかいなくて、全ての部屋に温泉が付いてるので、混み合うことはまずない。

ぬるぬるが名残惜しいけど、真夏の日中の湯温40度にはこれ以上浸かっていられない。
f:id:ayumu27:20200818082742j:image

大浴場の向かいには休み処。男湯と女湯で分かれて、待ち合わせするには涼しくて重宝するだろうな。
f:id:ayumu27:20200818082727j:image

部屋はゆすらうめ。小さい頃、おばあちゃんちになってた実を食べてた思い出が。夜ごはんの時には自家製果実酒のゆすらうめを頂いた。

とりあえず今は梅ジュースをお願いして、一息つく。ついでに、部屋の温泉の湯温調整のお願いを。

f:id:ayumu27:20200818082706j:image

外で休むと気持ちいい季節に来るのもいいな。
f:id:ayumu27:20200818082724j:image

全ての客室に源泉かけ流しの内風呂と露天風呂があり、好きなときにいつでも入ることができる。

f:id:ayumu27:20200818131214j:image
内風呂と露天の間にドアはあったみたいだけど、真夏だし、それでいて虫が入る気配もないので、ずっと開けっ放しだった。
f:id:ayumu27:20200818131208j:image

内風呂は自分1人がすっぽり入るコンパクトサイズ。それだからか、泡がものすごい。f:id:ayumu27:20200818131255j:image

泡で肌触りがふわふわのぬるぬる。湯面近くまで顔を寄せていると、肌から離れて上がっていく気泡が湯面でぴちぴち弾けるのが顔に伝わる。

f:id:ayumu27:20200821195849j:image

小さな湯船なので、豪快にかけ流され、すぐに新しい新鮮なお湯で満たされていくのがたまらなく気持ちいい。硫黄の匂いもほどよく。

f:id:ayumu27:20200818131251j:image

湯温は36.5度前後。38度くらいにしたいとお願いしたのだけど、むしろぬるめで良かった。

加温源泉と源泉そのものの湯量で調整するそうなんだけど、36度ちょいってことはおそらくほぼ源泉だけだったのでは。もうっ、ぬっるぬるでとっろとろで気持ち良すぎた。

f:id:ayumu27:20200818131225j:image
広いテラスに露天風呂。大浴場と同じく、デトックス効果のあるというラジウム鉱石。

f:id:ayumu27:20200821080114j:image

かなり広い湯船。
f:id:ayumu27:20200818131302j:image

湯口の近くに、細かい泡がたくさん舞ってる。湯の花みたいに見えるけど、大量の気泡。

肌に付く泡はふわぬるだし、湯感触はとろとろのぬるぬる。過去一最強のぬるぬるアルカリ泉かも。

f:id:ayumu27:20200819100328j:image
白い細かい湯の花に、たまにふわりとした湯の花も。

f:id:ayumu27:20200819100342j:image

内風呂同様、気持ちいいほどのかけ流し。
f:id:ayumu27:20200818131217j:image

露天風呂は内風呂よりややぬるくて36度ちょい。夜中は外気も下がり、ちょっと寒く感じるほどだったけど、明るい時間帯は36度で極楽。

夜は木々の間から見える星がすごかった。

湯から出て肌が乾くと、ねっとり潤いがあり、しばらくするとすべすべ。時間が経つとするする肌に。アルカリ泉も硫黄も古い角質を溶かす美肌の効果がある。

めちゃくちゃ気持ちいいお湯。絶対また来る。

 

天然田園温泉 ふかほり邸

★★★★

アルカリ性単純硫黄温泉

36.2度

pH 9.78

男女別大浴場(内湯2 露天風呂2)客室風呂5

加水循環なし 加温消毒あり

2020.8.15 宿泊