温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

岡山桃太郎温泉 桃太郎温泉ホテル(岡山)

岡山市内で初の天然温泉、桃太郎温泉。活魚料理店が平成6年に温泉掘削に成功した日帰り入浴施設。岡山駅から車で20分ほど北東の北区牟佐、山陽インターチェンジの近く。

f:id:ayumu27:20200810073709j:image

玄関入ってすぐの右手に大浴場があり、目の前が男湯、左手が女湯。

f:id:ayumu27:20200808234647j:image

入り口にブルーのアロハな館内着があり、自由に利用できる。女性用はワンピースタイプ。
f:id:ayumu27:20200808234538j:image

通路沿いに大量のロッカー。鍵はフロントで靴箱の鍵と交換してくれ、中にバスタオルとフェイスタオルが入ってる。
f:id:ayumu27:20200808234618j:image

角を曲がると、さらにロッカー。すごい数。日帰りの入浴客、すごいんだろうな。
f:id:ayumu27:20200808234635j:image

館内図見るとこんな感じで、男湯を取り囲む廊下にロッカーがある。通路の先が浴場入り口。

f:id:ayumu27:20200809073950j:image

男女とも内湯は2つずつで、大きな檜の露天風呂が1つずつ。で、この図に記載のない岩の露天風呂がさらに1つずつある。
f:id:ayumu27:20200808234610j:image

入ってすぐにシャワーが11個。シャワーの蛇口はひねるだけで、温度調節とかはない。

f:id:ayumu27:20200809064541j:image

シャワーも温泉。源泉そのままかけ流しシャワーなので飲んでも大丈夫。硫黄の匂いがして、ぬるつるの肌触り。
f:id:ayumu27:20200808234458j:image

右手前側にサウナと水風呂。この水風呂も源泉を冷まして利用しているこだわり。加水はしてるかもだけど。
f:id:ayumu27:20200808234533j:image

サウナは24時まで。
f:id:ayumu27:20200808234530j:image
かけ湯の奥に2つの湯船。左がジェットバス。
f:id:ayumu27:20200808234502j:image

硫黄の匂いはほとんどなく塩素臭もある。湯感触も柔らかではあるけど、アルカリ泉のぬるぬる感はほとんどない。
f:id:ayumu27:20200808234454j:image

循環濾過とかけ流しの併用で、湯温も39.5度で設定されてるんだと思う。1時間半で湯が入れ替わるそうだから、清潔と言えば清潔。
f:id:ayumu27:20200808234643j:image

隣の岩風呂も同じくかけ流しで、1時間半で湯が入れ替わりはするけれど、循環との併用。

f:id:ayumu27:20200815140308j:image

湯温が39.5度と熱すぎないのがせめてもの救い。
f:id:ayumu27:20200808234550j:image

湯口にいてもほとんど硫黄臭はない。f:id:ayumu27:20200808234607j:image

奥のガラス戸から外へ出ると岩の露天風呂がある。
f:id:ayumu27:20200808234525j:image

さらに階段を上ると檜の露天風呂があるのだけど、とりあえず階段下の岩風呂へ。
f:id:ayumu27:20200808234602j:image

明らかにこの湯船だけ、近づくと硫黄の匂いがする。しかも、元湯って名前の湯船。

f:id:ayumu27:20200809063656j:image

石段に湯がかけ流されていて、1時間で湯が入れ替わる。

f:id:ayumu27:20200812214338j:image

飲用可の文字!ここで飲めるのか。

両手ですくい顔に近づけると、ますます硫黄の香りが強く、甘みがあり芳ばしい。美味しくていくらでも飲めるやつ。

f:id:ayumu27:20200808234517j:image

湯の中には細かい泡が無数に舞っていて、湯の花みたいだけど、多分小さな気泡。

浸かった瞬間に肌があわあわになる。ふわふわでぬるつるの肌触り。泡付きがすごくて、どれくらい遊離二酸化炭素が含まれているんだろうと、わくわくするほど。

f:id:ayumu27:20200813223453j:image

けど、実際は含まれてない。新鮮な源泉だから、地中のいろんなもの含んで湧き出してくるやつかな。

f:id:ayumu27:20200809063720j:image

実はこの湯船は、湯元の真裏にあるので、本当に新鮮な源泉。

f:id:ayumu27:20200810073733j:image

湯温は39度前後。絶妙なぬる湯。超気持ちいい。

この湯船があるかどうかで、この温泉の評価が天と地ほど違うくらい、気持ちいい湯船。

身体の不自由な人、お年寄り優先にして、元気な人は階段上った露天風呂を利用するように貼り紙がある。泉質は同じだからって。

f:id:ayumu27:20200808234545j:image

でもその前に目の前にある三角のサウナを。
f:id:ayumu27:20200808234521j:image

韓国式低温サウナというもので、床からじんわりと温熱が伝わるそう。
f:id:ayumu27:20200808234513j:image

脱衣所でも大浴場でもほとんど人に会わなくて、同じ時間にかぶったのは1人か2人。4つの湯船と水風呂、サウナが2つあるので、湯船がかぶることもないし、隣の湯船に入るってこともなかった。

それでもサウナはちょっと抵抗あるので、またの機会に。

f:id:ayumu27:20200809064332j:image

上の階にある露天風呂は檜。屋根付きなので雨でも全く平気そう。山が見えるのどかな景色の眺望。
f:id:ayumu27:20200809064309j:image
かなり大きな湯船。湯が入れ替わるのに2時間半かかるそう。でも、意外に速い。

奥に子ども用通路があって、隣にある男湯の露天風呂と自由に行き来できる。掃除のおばちゃんも行き来してる。
f:id:ayumu27:20200809064231j:image

正面右手に上の方からホースが垂れていて、そこから湯が投入されてる。

この湯口も、階段下の元湯と同じく、硫黄の匂いがする。このホースからの温泉は飲んでいい源泉そのもの。

泡付きもすごい。湯温は38度前後とぬるめで、特に夏には最高に気持ちいい。

f:id:ayumu27:20200809064302j:image

油田を掘るカナダ人が石油井掘削技術によってボーリングし、地下1475mから1日480tもの湯が湧き出てる。しかも41度という奇跡の適温。どの湯船もかけ流し。左側の縁から湯が溢れ出ていく。
f:id:ayumu27:20200809064326j:image

でも、塩素臭が少し。

どの湯船もかけ流しだけど、どの湯船も塩素消毒しなきゃいけないから、一部消毒した湯を循環させてるんだって。なんと、下の元湯も。気付かなかった、驚き。

この檜風呂は右側にある小箱から加温湯が出てた。広いから仕方ないのかな。あと、日帰り客、今回は出くわさなかったけど、多分すんごい来るんだろうから消毒必要だ。

f:id:ayumu27:20200809064317j:image

日帰り入浴は23時まで。宿泊者は朝の8時まで一晩中入ることができる。ありがたや。

朝の独泉。露天風呂から日の出。てか、ずっと独泉だったか。

夜中も早朝も入れるってこういう施設では本当にめずらしく、めちゃくちゃ有り難い。湯量が豊富だからできる、いや、社長さんの温泉愛からか。トイレも温泉なんだって。

f:id:ayumu27:20200815100639j:image

食事処「ひなせ」で夜ごはんの時、大衆演劇やってた。毎日公演があるらしい。だから、夕方も18時頃から空いてて貸切状態だったのかな。

 

岡山桃太郎温泉 桃太郎温泉ホテル

★★★

アルカリ性単純温泉

41.2度

pH 9.3

380ℓ/分

内湯(男2 女2)露天風呂(男2 女2)

加水なし 加温循環消毒あり

※露天風呂の湯口は加温循環消毒なし