温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

きのえ温泉 ホテル清風館(広島)

瀬戸内海のほぼ中央に浮かぶ大崎上島は、橋のない島。瀬戸の景色を眺めながら船でしか渡ることができない。広島の竹原から島まで30分。

f:id:ayumu27:20200515213256j:image

竹原港からは山陽商船のフェリーで、島にある垂水港か白水港に着く。この2つの港はすぐ近くで、きのえ温泉からは15〜20分ほど。宿泊者は送迎もしてもらえる。

f:id:ayumu27:20200515215103j:image

大崎上島は日本の原風景が残っているような島で、山田洋次監督の『東京家族』のロケ地。ホテルにたくさんの色紙があった。

木江には古い町並みが今も在る。
f:id:ayumu27:20200515215100j:image

島の南端の高台にあるきのえ温泉は、もともと国民宿舎として開発された温泉で、以前は国民宿舎きのえだった。

f:id:ayumu27:20200515213736j:image

現在は、ホテル清風館という温泉宿。

f:id:ayumu27:20200515213740j:image

玄関の先にある中ノ鼻灯台は、明治期の灯台
f:id:ayumu27:20200515212307j:image

ホテル清風館は客室55室、305名収容の結構大きなホテル。日帰り入浴もしてる。
f:id:ayumu27:20200515212256j:image

部屋は海の見える和室。目の前に見えるのは大崎下島。あいにくの雨だけど。

f:id:ayumu27:20200503210915j:image

翌朝の部屋からの景色。日の出は見えず。

f:id:ayumu27:20200520143240j:image

大浴場は玄関の右奥。
f:id:ayumu27:20200503210938j:image

男女入れ替えはなく、夜は24時まで。朝は6時から9時半まで。

日帰り入浴は10時半から21時。宿に着くまで、日帰り入浴って船に乗って行くの⁈って疑問だったけど、まぁそういう人もいるかもだけど、島の人だよね。そりゃそうだ。

f:id:ayumu27:20200515223327j:image
広めの脱衣所で、フェイスタオルが備え付け。いいね。
f:id:ayumu27:20200515223417j:image
大きな浴室に大きな内湯。ガラス窓の向こうには露天風呂と瀬戸内海が見える。
f:id:ayumu27:20200515223331j:image

3面に渡り、ずらりとシャワーがある。広々した洗い場スペース。
f:id:ayumu27:20200515223410j:image

大きな内湯にはざっばざっば湯が注ぎ込まれている。湯温は42度くらいで熱め。すぐに汗が出てくる。

塩分が多いのでねっちょりした湯感触かと思いきや、意外にねっとりじっとり。
f:id:ayumu27:20200515223315j:image

露天風呂には湯船がふたつ。どちらも屋根が付いているので雨天でも濡れずに入れる。
f:id:ayumu27:20200515223429j:image
手前の湯船の方が広め。

湯温は42.5度はあって熱い。もともと22度の冷鉱泉を加温してる。循環濾過して。
f:id:ayumu27:20200515223405j:image

内湯と同じく勢いよく投入されるお湯。
f:id:ayumu27:20200515223356j:image
苦しょっぱい、かなり濃い味。塩化物イオンが15,200mgも含まれていて、成分の総計が25,680mgもある。塩分濃いお湯どこだろう、花山温泉 薬師の湯(和歌山) - 温泉手帖♨︎で8,810mg。

ナトリウムイオン 5,500mg/kg 以上、かつ塩化物イオン 8,500mg/kg 以上で強塩泉。塩分が苦手なので強塩泉は避けてきたから、最強レベルかも。

f:id:ayumu27:20200520141552j:image

さすがに手足の先の温まりがずっと続く。湯上がりの肌はしっとりで、しっかり保湿されてる感じがある。

奥にある海側の湯船は長方形。
f:id:ayumu27:20200520141600j:image

さらに熱めの湯温で長湯は無理。

でも、島々が点在する瀬戸の多島美をずっと眺めていたくなる。
f:id:ayumu27:20200520141549j:image

来島海峡大橋石鎚山まで望める。大潮の日は渦潮が見えるそう。
f:id:ayumu27:20200520141555j:image
まさに絶壁の上にある露天風呂。

あいにくのお天気で、夕焼けも日の出も見えなかったけど、すんごい綺麗な夕焼けの日があるんだろうなぁ。
f:id:ayumu27:20200520141544j:image
この湯船の湯口からも、勢いよく泡を立てて湯が出ていて、最初は体に泡がたくさん付き、しゅわあわな肌触り。
f:id:ayumu27:20200515230018j:image
泡をさすると、肌にねっとりじっとり。
f:id:ayumu27:20200515230149j:image
泉質は含弱放射能-カルシウム・ナトリウム-塩化物冷鉱泉。カルシウムもたっぷり入ってる。
f:id:ayumu27:20200515230122j:image

海風を感じながら時間を過ごす。

f:id:ayumu27:20200515230104j:image

島々を結ぶフェリーや小さな漁船など、行き交う船が静かな水面に残す航跡をぼんやり眺めて。

ぬるかったら最高なのにな。f:id:ayumu27:20200515223348j:image
名残惜しくて何度も何度もこの湯船に戻って、海を眺める。

 

きのえ温泉 ホテル清風館

★★

含弱放射能-カルシウム・ナトリウム-塩化物冷鉱泉

22.5度

pH 7.0

男女別大浴場(内風呂、露天風呂)

加水なし 加温循環消毒あり