温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

湯抱温泉 中村旅館(島根)

島根県の邑智郡美郷町の湯抱温泉。美郷町は昨年訪れたあの千原温泉 千原湯谷湯治場(島根) - 温泉手帖♨︎がある町、隣町の三瓶町には同じく昨年やっと行けた小屋原温泉 熊谷旅館(島根) - 温泉手帖♨︎があり、どちらも30分圏内。

この三瓶山の西南麓に湧く湯抱(ゆがかえ)温泉も、ずっと来たかった温泉。ゆをかかえる、と書いて地元では「ゆがかい」温泉と呼ばれているそう。

万葉の詩人 柿本人麻呂の終焉の地とされる鴨山は、ここ湯抱から望む鴨山だとされている。

f:id:ayumu27:20200321151747j:image

桜が開花したばかり。咲いたら綺麗だろうな。

静かでのんびりできる、時が止まっているかのような湯治場。
f:id:ayumu27:20200321151743j:image

出雲空港からはレンタカーで1時間20分ほど。

大山隠岐国立公園内、三次街道(石見銀山街道)沿い、江の川支流の尻無川と湯抱川に望む鄙びた温泉地。

ちょっと前まで温泉施設が3軒あったけど、日の出旅館が平成28年で閉館したらしく、神湯なかだと中村旅館の2軒になってた。旅館ごとにそれぞれ自家源泉を持っている。
f:id:ayumu27:20200321151750j:image

中村旅館は大正5年創業の老舗旅館。ずっと来たかったのに来られなかった理由は、湯船がひとつだけで、1日1組しか泊まれないから、なかなか予約が取れなかった。

f:id:ayumu27:20200325234650j:image

泉質は含弱放射能-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉。泉質名は違うけど、千原温泉のとかなり似てる。

13,248mgも溶存物質がある濃い温泉。温泉水1kg中に13gもの温泉成分が含まれてる。人間の体液の9gよりも成分が濃いため、浸透圧により細胞膜を通して体内に浸透していくらしい。f:id:ayumu27:20200325234654j:image

泊まっている2階の部屋から階段を降りたところに浴室があり、レトロなドアを押し開けて入る。
f:id:ayumu27:20200325234646j:image

脱衣所は薄暗いけど清潔。棚には脱衣籠が4つか6つあった。
f:id:ayumu27:20200325234621j:image

扉を開けるとこれ。もうこれ、わくわくがとまらないやつ。
f:id:ayumu27:20200325234732j:image

浴室の手前の左手にシャワーが2つ。シャンプーにリンス、ボディソープもある。
f:id:ayumu27:20200325234736j:image

はいきた!
f:id:ayumu27:20200325234627j:image

すごい!凄すぎる析出物。長年蓄積された成分で、千枚田のようになってる。

f:id:ayumu27:20200326214904j:image

このマットがないと痛いし、足場が危なくて湯船に到達できない。

湯船から直接湯を汲んでかけ湯をするとかは、膝がつけなくて出来そうもないので、シャワーがあるのがとても有難い。
f:id:ayumu27:20200325234617j:image

カルシウムがものすごく多いからだ、とどこかで見たけど、実際には363mgしかカルシウムイオンはないのにこうなるんだーと、温泉成分の不思議。
f:id:ayumu27:20200325234601j:image

カチカチに固まってる。

湯船の大きさは、2人だとゆったり。3人はちょっとやだなぁと思うくらい。

f:id:ayumu27:20200326214909j:image

ちょうど出入りする部分の縁は石みたいな灰色のつるつるだけど、そこ以外の縁はこんな状態。
f:id:ayumu27:20200326214922j:image

何がどうなってか分からないけど、左手前側の縁に穴が開いていて湯が溜まり

f:id:ayumu27:20200327142458j:image

湯の花が沈んでる。析出物と同じ、濃いクリーム色。
f:id:ayumu27:20200327142502j:image

湯船の奥には蓋がある部分がある。
f:id:ayumu27:20200325234704j:image

源泉は30.6度とぬるめなので、薪で沸かしてくれる。その熱く沸かされた湯が出てくるところ。
f:id:ayumu27:20200326214926j:image

湯船の中も柵がある。
f:id:ayumu27:20200326214907j:image

柵に付いてる析出物がまたすごい。
f:id:ayumu27:20200326214917j:image

お湯に浸かった頃合いで、女将が声をかけてくれる。湯加減はどうですかと。

ぬる湯好きなので39度くらいでお願いはしてあるけど、なんせ薪。

ちょっと熱いので源泉を足してもらう。f:id:ayumu27:20200325234637j:image
勢いよく冷たい源泉が。めちゃくちゃ気持ちいい。しゅわしゅわ。

以前は源泉を好きなだけ出す事ができたみたいだけど、今は女将にお願いして出してもらうしくみ。

あまりにも入れ過ぎてぬるくしちゃうと、今度は薪でお湯沸かして、って話になるだろうから勝手に出せないようにしたのかな。f:id:ayumu27:20200325234719j:image

源泉を出してもらうと湯船から勢いよくかけ流されていき、あっという間に排水口辺りに湯が溜まってしまう。
f:id:ayumu27:20200325234624j:image

ちょうどいい湯加減で止めてもらうのだけど、その間寒い中、女将を外で待たせておくのが申し訳ない。窓越しに湯加減のやりとり。

ただ、ちょうどいい具合だと思って源泉を止めてもらっても、薪で沸かしてるからか、熱い部分のお湯が根強くて、時間を追うごとにじわじわと熱さが戻ってきて熱くなった。

窓全開で外気を入れても熱くて、湯船の縁に避難しては浸かりの繰り返し。

とは言っても、湯温は41度くらい。1時間半くらいでやっと40度割れに。最初からこれくらいだと良かったなぁと少し残念だったけど、次回に活かすべし。

f:id:ayumu27:20200327221200j:image

チェックインが16時。到着して一息ついて入らせてもらい、夕食後と朝食前の全部で3回。だんだん源泉ストップのタイミングも分かり、湯の沸かし具合もぬるめにしてくれて、3回目は39度割れで極楽だった。

38度ちょいでもじんわり顔から汗が出てくるほど、濃くて効いてくるお湯。

f:id:ayumu27:20200325234701j:image
湯底にはざらっと湯の花が溜まってるけど、つるつる。この湯船の縁みたいなつるつるなのかな。底は見えない、薄黄緑色に白濁した濁り湯。少し泡付きもある。

ふくらはぎを擦り合わせるとつるつるの肌触り。重曹泉のクレンジング効果に、潤いのメタケイ酸が181mgも含まれてる。

肌を手のひらでなぞると、肌の凹凸を全く感じないようなしっとりつるすべ。

湯からあがって乾いた肌はねっとりとする。塩化物泉なので保湿効果があり湯冷めしにくい。f:id:ayumu27:20200325234657j:image

湯面には白っぽいカルシウムらしい膜が浮かび、かすかにざらりとする。しょっぱくて甘みがある出汁味。

主に女将が対応してくれたけど、ご主人も息子さんも、みなさんとっても丁寧で素敵なご家族。1日1組のために丁寧に薪でお湯を沸かし、丁寧な食事を準備してくれ、なんだか頭が下がる思いだった。

 

湯抱温泉 中村旅館

★★★★★

含弱放射能-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉

30.6度

内湯1

加水循環消毒なし 加温あり

2020.3.20 宿泊