温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

鉄輪温泉 山荘 神和苑(大分)

大分空港から車で45分ほどの別府温泉別府温泉郷の鉄輪温泉は別府八湯の一つ。鉄輪温泉街の中心部に立つ老舗温泉旅館、山荘 神和苑。

鉄輪温泉は「かんなわ」温泉と読み、神和苑は当て字で「かんなわ」苑と読ませる。

f:id:ayumu27:20200222224221j:image

高台に位置し、鶴見岳別府温泉街の湯けむりを見渡せる。部屋から見た別府湾からの日の出。

f:id:ayumu27:20200223115802j:image

以前、青い湯が有名だった神和苑。青い湯が枯れた、倒産したなどの噂があったみたいだけど、改装のため閉館していて2016年に営業再開。
f:id:ayumu27:20200222224224j:image

総敷地面積1万4000坪。能楽堂まである、高級な温泉宿でお料理も評判。

f:id:ayumu27:20200225115452j:image

あまりに広くて全体像が撮れない。こちらはパンフレットの裏表紙。

f:id:ayumu27:20200222224439j:image

本館に10室、別館に9室、離れが11室あり、部屋のお風呂はすべてかけ流し。本館は内風呂、別館と離れは内風呂と露天風呂を完備してる。

大浴場もあって、夜は23時まで、朝は7時から10時まで。

f:id:ayumu27:20200225120244j:image

青い湯が出なくなり代掘したところ違う源泉に当たってしまい、青い温泉再開のために新たな採掘許認可を申請し今も温泉井を掘っているそうだけど、私は以前の青い湯、ナトリウム-塩化物泉よりも、ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉の方がはるかに好き。

f:id:ayumu27:20200225120332j:image

現在、敷地内に2つの自家源泉を持ち、加水加温は一切行わないかけ流し。

古くから人々の傷を癒す湯治湯として重宝され、 美人の湯と謳われきた名湯。

f:id:ayumu27:20200225120302j:image

清潔でタオルも歯磨きもなんでも揃ってる脱衣所。

f:id:ayumu27:20200225120343j:image

ロッカーの下にまで足拭きマットあるとこ、なかなかない。

しかも、全室温泉付きなので、ほとんど人とかぶらない。

f:id:ayumu27:20200225120339j:image

脱衣所を開けるとすぐに洗い場。仕切りがある。その先に浴室。
f:id:ayumu27:20200225120326j:image

内湯は湯船が二つあり、熱めとぬるめ。なんていたせり尽せりな。ありがたい、ぬる湯。
f:id:ayumu27:20200225120241j:image

熱めの方が少し小さめ。
f:id:ayumu27:20200225120257j:image
何色といえばいいんだろう。緑がかった灰色のような濁り湯。
f:id:ayumu27:20200225120336j:image

どちらもかけ流し。

f:id:ayumu27:20200226151638j:image

独特の匂いと析出物。

熱めは42、3度くらいで、ぬるめは41度くらい。先週の酸性泉で湯温計が逝っちゃったので、体感。

f:id:ayumu27:20200225120250j:image

ぬるめといっても98度の源泉だし、熱い湯船よりぬるい程度。しっかり暖まる。

むわんとした、硫黄ではない、薬のような油のような匂いがする。ほとんど塩気は感じない。
f:id:ayumu27:20200225120300j:image

ぬるっとした湯底で、濃い灰色の湯の花がたくさん舞い濁って見える。
f:id:ayumu27:20200225120347j:image

つるんとした肌触り。どおりで、220mgもメタケイ酸が入っている。美肌の湯。ナトリウム-硫酸塩泉もしっとり潤う泉質。

f:id:ayumu27:20200225120237j:image

外に出ると、硫黄の匂いがしっかりする。

露天風呂も湯船は二つで、右側が大きめ。f:id:ayumu27:20200225120254j:image
大きめの湯船は、出入口の部分の階段を境に二つに分かれていて、階段上部の浅い部分からしか湯が行き来できないようになってる。
f:id:ayumu27:20200225120306j:image

右手は湯口があり、かなり熱い。

f:id:ayumu27:20200225120353j:image

湯の通り道は横切るのが嫌なほど熱め。
f:id:ayumu27:20200225120247j:image

階段の手前側はちょっとだけぬるめ。

もう一つ左奥に独立した湯船。

f:id:ayumu27:20200225120312j:image

右側の熱い湯船よりは熱くない。42度ちょいくらいかな。

湯煙がすごい。別府感がすごい。

f:id:ayumu27:20200225120350j:image

なんでこんなに明るい街で⁈って不思議なほどの星空。海風で澄んだ空気の中、満点の星空を眺めながらの露天風呂。

朝には男女入れ替え。

f:id:ayumu27:20200226231613j:image

昨夜とうってかわって明るく広々とした開放的な浴室。
f:id:ayumu27:20200226231625j:image

湯船は、熱めとぬるめと水風呂の三つ。朝のこちらのぬるめ湯船はほんとにぬるめで、体感だけど40度前後の感じだった。
f:id:ayumu27:20200226231618j:image

露天風呂も開放的。湯船は一つ。
f:id:ayumu27:20200226231628j:image
ちょうど海から日が昇ってきたところ。
f:id:ayumu27:20200226231654j:image

湯温は熱いところと適温のところがあり、湯口付近や湯の通り道はかなりの熱さ。
f:id:ayumu27:20200226231636j:image

この付近はどこも100度近い源泉らしい。加水せずに適温にするのは至難の技だろうな。
f:id:ayumu27:20200226231601j:image

泉質名にはないけど、炭酸水素イオンも含まれていて、カルシウムと一緒になり析出物が結構出来てる。
f:id:ayumu27:20200226231746j:image

振り返れば湯煙。
f:id:ayumu27:20200226231621j:image

時間なくてゆっくり入れなくて残念な大浴場。もっとじっくり堪能したかった。

部屋にも内湯と露天風呂。f:id:ayumu27:20200226232023j:image

むわっと匂うけど、やっぱり硫黄臭とも違う。

f:id:ayumu27:20200226234644j:image

かけ流し。内湯は結構熱かったけど、カランが付いてて調整は可能。かき混ぜ棒もある。
f:id:ayumu27:20200226231652j:image

露天風呂は、露天だけど一応屋根がある。

f:id:ayumu27:20200226234541j:image
こちらはめちゃんこぬる湯。手をつけた感じ、37、8度くらい。旦那さんは喜んでここで寝てた。
f:id:ayumu27:20200226231631j:image

いつもこのくらいの湯温なら、冬じゃなくても大丈夫だけどどうなんだろ。

あぁ、すごくいい泉質でぬる湯もあって最高なのに、時間なくて堪能できなくて本当に残念。
f:id:ayumu27:20200226231738j:image

温泉に関係ないけど、この宿ホスピタリティがすごい。

チェックインの時、パティシエお手製のシフォンケーキが出たんだけど、18時から夜ごはんなのに着いたのが5分前くらい。大好きなシフォンケーキ食べたらごはん食べられなくなるから悲しい顔をした、みたいで。

それに勘付き「プレーンはお嫌いでしたか?チョコもあるのでいかがでしょうか」と持ってきてくれた。すごい。

翌朝、船の時間があり早めの出発。港まで送ってくれることも有り難かったし、朝食時間を15分前倒しにしてくれた。

どれもお願いしたわけじゃないのにしてくれて、すごく気持ちよかった。

またゆっくりできる時に来たい。

 

鉄輪温泉 山荘 神和苑

★★★★★

ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉

98.1度

pH 7.9

大浴場2(内湯4 露天風呂3)

加水加温循環消毒なし

2020.2.22 宿泊