温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

紋別温泉 紋別プリンスホテル(北海道)

北海道のオホーツク海沿岸のほぼ中央に位置する紋別市。羽田から2時間弱。オホーツク紋別空港からタクシーで15分ほどのところにある、紋別唯一の天然温泉がある紋別プリンスホテル

f:id:ayumu27:20200202201813j:image

あのプリンスホテルとは関係なさそう。

大浴場は地下1階。男女別で入れ替えはなし。夜は24時までで朝は5時から9時半まで。
f:id:ayumu27:20200202201757j:image

広々ゆったりとした浴室。シャワーは10個。タオルなどで場所取りしないでと張り紙があった。
f:id:ayumu27:20200202201751j:image

手前の湯船が普通の湯船。長細く、結構大きめ。
f:id:ayumu27:20200202201825j:image
すんごい勢いよくざばざば出てるけど、循環濾過されたお湯。源泉が20度の冷鉱泉なので加温してる。湯温は42.5度前後。

とろみがあり、驚くほどぬるぬるの湯感触。化粧水などというレベルではなく、石鹸超え、油?ぬめる感じ。
f:id:ayumu27:20200202201800j:image

ただ、悲しいかな、プールかってくらいの消毒臭。

隣にあるのはジェットバス。ぶくぶくの湯船はなんと39度ちょい。こちらはあんまりぬるぬるでもなかったけど、ぬる湯に長湯できるのはいい。
f:id:ayumu27:20200202201817j:image

男女ともに露天風呂とジェットバス、サウナがある。めずらしく、朝も使えるサウナだった。
f:id:ayumu27:20200202201810j:image

露天風呂もゆったりサイズ。

f:id:ayumu27:20200202201804j:image

湯温は43度ちょっと。しぶきをあげて湯が投入されていて、湯気が立ち込めてる。

f:id:ayumu27:20200202204758j:image

外はマイナスの世界なので、43度でもそれほど熱くは感じない。

f:id:ayumu27:20200202204807j:image

視界は限られてはいるけど、雪がちらちら舞う中で。

この冬初の雪見風呂。

f:id:ayumu27:20200202204804j:image
しかし驚きのぬるぬるだった。ナトリウムと炭酸水素イオンが多めなので、重曹泉の成分ではあるけど、pHも8.8で、なんでこんなにぬるぬるなんだろう。
f:id:ayumu27:20200202201740j:image

循環だし消毒臭すごいけど、このぬるぬるはほんとにすごいし、39度のぬる湯は気持ちいい。

 

紋別温泉 紋別プリンスホテル

★★

アルカリ性鉱泉

20.1度

pH 8.8

男女別露天風呂付き大浴場

加水なし 加温循環消毒あり

2020.2.1 宿泊