温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

駒の湯温泉 駒の湯山荘(新潟)

湯之谷温泉郷にあるランプの宿 駒の湯山荘は昭和28年開業の一軒宿。以前は日本秘湯を守る会だったけど今は違う。看板には会員『でした』と貼紙があり、ご主人の実直さが現れているよう。

f:id:ayumu27:20190908125956j:image

遡ること300年ちょっと、1700年頃の銀山最盛期、銀山平と小出の中間にある休憩地点のここに湧き出していた湯で、運搬の疲れを癒したのが駒の湯の始まり。
f:id:ayumu27:20190908125946j:image

東京から上越新幹線で1時間半の浦佐駅で、上越線に乗り換えて8分の小出駅。そこからバスで25分の大湯温泉で下車すると宿から車で迎えに来てくれる。(要予約)

13時からチェックインできる有り難い。1日目の昼から温泉三昧!12時47分にバス停に迎えに来てもらった。

大湯温泉からはさらに細い山道を10分弱ほど進み、ぐっと秘湯感が出てくる。営業は11月上旬までで冬季は閉鎖。春は4月下旬から。

f:id:ayumu27:20190908130732j:image

エアコンやテレビなどは一切なくあるのは囲炉裏とランプだけ。館内は自家発電で、昔ながらのランプの中に豆電球を入れた照明と、石油ランプで過ごす夜。

f:id:ayumu27:20190908130407j:image

携帯はもちろん圏外。宿の電話は衛星電話。

真夏のぬる湯リストの一湯。今日は真夏日魚沼市の最高気温36度予想だった。この山の中も31度以上あるので、ぬる湯が気持ちいいに決まってる。いい日に来たな。

f:id:ayumu27:20190908132332j:image

まずは、渡り廊下にある引き戸を開け、階段を降りたところに、この緑の看板にあるように4つのお風呂がある。

f:id:ayumu27:20190908184647j:image

わけではなく、正確には、というか分かりやすくいうと、貸切露天風呂が2つ、内湯が2つ(混浴と女湯)、それから混浴の渓流露天風呂がある。
f:id:ayumu27:20190908184624j:image

まずは正面にある外履きに履き替えて右手のドアから外へ。
f:id:ayumu27:20190908184609j:image

至るところから湯が流れ出てる。
f:id:ayumu27:20190908184702j:image

石段を降りていき、混浴の渓流露天風呂へ向かう。あ、渡り廊下のところに、女性用の赤い湯浴み着が用意されているので、必要であれば持って出る。
f:id:ayumu27:20190908184628j:image

所々にランプ。渓流露天風呂も夜中じゅう入れる。全ての湯船が13時から翌朝の10時まで入れる。なんとも極楽。
f:id:ayumu27:20190908184729j:image

湯船はどれも二つずつあって、大きな方が源泉かけ流しで、小さい方は加温した温泉。

f:id:ayumu27:20190912164959j:image

加温湯船にはカランが付いていて、利用者が自由にお湯を出し入れできる。源泉は33度とかなりのぬる湯なので、加温湯と交互浴してくださいとのこと。
f:id:ayumu27:20190908184657j:image

渓流の目の前の露天風呂。右手に脱衣小屋がある。男女分かれてはなかったと思う。
f:id:ayumu27:20190908184605j:image

あまりの日差しの強さで、ちょっと入るのは無理。恐ろしい暑さ。裸足でコンクリートを歩くのも危険を感じる。
f:id:ayumu27:20190908184650j:image
川が目の前。虻がめっちゃいるのかと覚悟して降りてきたけど、一匹も出会わなかった。けど、さすがに裸で入ってたら飛んでくるよね。
f:id:ayumu27:20190908184718j:image

ここの温泉今まで見たことない、多分一番の湯量で、毎分2000ℓもの大量の温泉が川のように各湯船にかけ流されている。驚異の湯量。

f:id:ayumu27:20190908184659j:image

どばどばと川にかけ流されている。
f:id:ayumu27:20190908184619j:image

日に当たるからか薄いブルーっぽく見える。硫黄を含むアルカリ泉。

湯川内温泉 かじか荘(鹿児島) - 温泉手帖♨︎や、白木川内温泉 旭屋旅館(鹿児島) - 温泉手帖♨︎のサファイヤブルーと同じ綺麗な色。
f:id:ayumu27:20190908184714j:image

湯面の波で、どれだけの湯が投入されてるか想像がつく。湯船の縁からどんどん溢れていってる。気持ち良さそう。

渓流沿いの真夏のぬるいプール。日焼け恐れない人にはたまらない極楽だろう。
f:id:ayumu27:20190908184705j:image

渓流露天風呂からの帰り道に見上げたこの建物が、あとで入る貸切露天風呂。
f:id:ayumu27:20190908184643j:image

さて、汗だくで屋内まで戻りスリッパに履き替えて、今度は左手側にある引き戸を開けると内湯が二つ並んでる。手前が女湯で奥が混浴。混浴へ行く女性は、女湯の脱衣所からも行けるように中が繋がってる。
f:id:ayumu27:20190908184653j:image

女湯の脱衣所と浴室の間にランプ。夜もこれしか灯りはない。

f:id:ayumu27:20190908232603j:image

小さな加温湯船と源泉かけ流し湯船。すんごい暑い日だったので、私は一度も加温湯に入らなかったけど、32.9度は夏以外は辛い。加温湯との交互浴は必須かと。

f:id:ayumu27:20190908232423j:image

無色透明の湯で、細かい気泡と湯の花が舞ってる。白濁して見えるほどの大量の気泡。

スマホじゃ写らないけど、細かい大量の気泡が勢いよく流れていて、どんどん肌に付いてくる。ぬる湯の泡泡すごいわ。

f:id:ayumu27:20190909152832j:image

内湯にはシャワーが一つ。シャンプーやボディーソープもあった。

f:id:ayumu27:20190908232645j:image

お隣にある混浴の内湯。広さはそれほど変わらない。
f:id:ayumu27:20190908232449j:image

右手前に湯口。
f:id:ayumu27:20190908232438j:image
はい。勢いよく源泉が投入されてます。
f:id:ayumu27:20190908232432j:image
内湯は朝ごはん終わってからだと、窓越しの日差しが強すぎて、きつかった。
内湯の通路の先のドアを出ると、貸切露天風呂が二つある。二階建てみたいなイメージで、一つは石段を降りた先に扉がある。

f:id:ayumu27:20190909153606j:image

出入口の看板を裏返して入浴中にし、中から鍵をかけて入るしくみ。
f:id:ayumu27:20190909153556j:image

まずはこの階にある上側の方に入ってみる。
f:id:ayumu27:20190909153626j:image

下から見上げたテラスがこれだ。眩しいほどの緑。
f:id:ayumu27:20190909153610j:image

広い脱衣所というか、湯上がり処というか、テラス?が独り占めの貸切露天風呂。真下には佐梨川。

f:id:ayumu27:20190909153738j:image
この大きなテラスの奥に露天風呂。上には葦簀があるので、露天ではないけど、これぐらいの方が絶対にいい。
f:id:ayumu27:20190909153747j:image

湯船は他と同じく二つ。脱衣籠には虫がたくさん亡くなっていたので、逆さまにして払ってから、湯船のすぐそばまで持ってきて、こちら側で脱ぎ着。
f:id:ayumu27:20190909153743j:image

加温湯船はほとんど湯が入ってなかった。自分も使わないので触らず。
f:id:ayumu27:20190909153644j:image

湯温は32.6度。気持ちいい!汗だくだった身体にちょうどいい。硫黄の匂いが結構する。

f:id:ayumu27:20190909153604j:image

ざっばざっば新しいお湯。しぶきがまた気持ちいい。

すぐに身体に泡がつき、ふわふわの手触り。かなりの泡付きで、自分から離れていく泡がくすぐったい。
f:id:ayumu27:20190909153635j:image

湯船にはアルカリ泉らしい、白いふわふわの湯の花が岩に付いてたり、たまに舞ってたり。

f:id:ayumu27:20190909153632j:image

お湯は湯口の反対側から、きっと川の方にかけ流されてる。
f:id:ayumu27:20190909153600j:image

どばどばと音を立てて注がれる大量の温泉と、ゴーゴーとかけ流されていく湯と川の激しい流れの音。周りは緑しかなくて、他には何の音もなくて、身体が少しずつ冷えていく。うぅ〜気持ちいい。
f:id:ayumu27:20190909153639j:image

階段を降りた扉の向こうにあるもう一つの貸切露天風呂。

f:id:ayumu27:20190909223835j:image

こちらも緑。川に近く、天井はあるけど囲いがない露天風呂。虻の危険がある。

加温湯船はどれも本当に小さい。
f:id:ayumu27:20190909223853j:image

源泉湯船にはこちらもすごい量の湯が注がれ
f:id:ayumu27:20190909223844j:image

川のようにかけ流されている。これ、湯船じゃなくて、縁から流れ出てるお湯。
f:id:ayumu27:20190909223829j:image

私は入る勇気がないけど、こちらの方が緑の景色も川も近い、眺望の素晴らしい露天風呂。
f:id:ayumu27:20190909223824j:image

もう充分過ぎる気もするけど、あと一つ露天風呂があって、実はそこが一番良かった。
f:id:ayumu27:20190908132319j:image

最後の一つの露天風呂は玄関を出て、奥にある建物の中。右の出入口が混浴(男性)で左正面の赤い暖簾が女湯。

日帰り入浴はこの湯船だけみたい。

f:id:ayumu27:20190910214226j:image
まずは混浴側の露天風呂。
f:id:ayumu27:20190910214207j:image

広い脱衣スペース。シャワーも一つ完備。シャンプーなどもある。
f:id:ayumu27:20190910214229j:image

間欠泉のように湯口から吹き出す温泉。あまりの湯量で、排水が間に合ってない。湯船の外に溢れるお湯。
f:id:ayumu27:20190910214203j:image
2本の源泉で毎分2120ℓ。2tて‥。それがどばどばと注がれ、ゴーゴーとかけ流されている。
f:id:ayumu27:20190910214223j:image
圧巻‥。
f:id:ayumu27:20190910214215j:image

左側には加温湯船。

f:id:ayumu27:20190910214828j:image

この混浴露天風呂へは女湯の脱衣所からも出入りできる。
f:id:ayumu27:20190910214731j:image

左の木のドアの方は女湯の浴室。右の暖簾付きが混浴露天風呂への出入口。
f:id:ayumu27:20190910214749j:image

小さな脱衣所には9個の脱衣棚があるけど、この女湯の湯船、2人しか入れないと思う。
f:id:ayumu27:20190910214821j:image
ほら。

何回かのぞいてみて、1人先客がいるだけで、遠慮しとこうと出直すほどの狭さ。

2人で入ってた時間に、さらに1人入って来た時は、え⁈入ってくるの⁈どうやってどこに入るの⁈と‥。いや、無理でしょと、その人がシャワー浴びてる間に私は出ましたよ。
f:id:ayumu27:20190910214831j:image
だってこんな勢いよく湯が噴射されてて、湯船の洗い場側には石段があって、どこに3人入るのー⁈
f:id:ayumu27:20190910214756j:image

一度部屋に戻り休憩。

日当たりの良過ぎる角部屋で、ふと見た湯温計が37度を指してる。こわい。暑過ぎる。ここに居ては死ぬかもと、また温泉へ駆け込む。

32度のお湯最高。身体がいい具合に冷える。冷えるんだけど、さすがは温泉。身体の中はじんわりと暖かい。

f:id:ayumu27:20190910214802j:image

噴射の途中からだった。

そう、こんな狭い湯船にこんな勢いでこんな量のお湯が投入されて、最高過ぎる。

f:id:ayumu27:20190910214841j:image
湯口のすぐ左横に排湯口があるけど、全く間に合ってなくて、湯船の縁の向こう側にはお湯が溜まりっぱなし。
f:id:ayumu27:20190910214759j:image
この勢いで逆側の縁からも溢れ続けてる。

f:id:ayumu27:20190910214740j:image

湯船の中の岩にはぬるりとした白い湯の花がたくさん付いてる。

f:id:ayumu27:20190912172057j:image

この女湯、虻避けなのか、年中そうなのか分からないけど、外との境に網を張ってくれてるから虫がいない!外の空気は感じるけど虫がいない!最高の湯船が出来上がってる。
f:id:ayumu27:20190912172054j:image

もう、1人だと湯口の噴射を真正面から浴びちゃうこともできて、極楽。このまま飲んじゃう。芳ばしい美味しい硫黄泉。

f:id:ayumu27:20190910214743j:image

アルカリ泉のぬるつる浴感。湯上がりの肌はぷるんとして、すべすべ。かなり最強の美肌の湯。

調査したら化粧水の成分だと判り、化粧水作っちゃったの分かる。

f:id:ayumu27:20190912173108j:image
f:id:ayumu27:20190912173111j:image

この夏入ったぬる湯で35度以下の源泉は、微温湯温泉 旅館 二階堂(福島) - 温泉手帖♨︎の31.8度、佐野川温泉 佐野川温泉旅館(山梨) - 温泉手帖♨︎の30.9度。ここ駒の湯が32.6度。どれもよかった。ほんとに夏の暑い日のぬる湯は最高だな。

 

駒の湯温泉  駒の湯山荘

★★★★★

アルカリ性単純泉

32.5度・31.5度

pH 8.6

320ℓ・1800ℓ/分

内湯2(混浴、女湯) 露天風呂2(混浴、女湯) 貸切露天風呂2 混浴渓流露天風呂1

加温加水循環消毒なし

2019.9.7 宿泊