温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

南阿蘇久木野温泉 旅館 心乃間間(熊本)

阿蘇で一番静かな「大人の癒し宿」がコンセプトの旅館 心乃間間(このまま)。

f:id:ayumu27:20190114124217j:image

地震の影響で豊肥本線肥後大津駅までしか行けない。南阿蘇鉄道もまだ復旧していなくて、線路は草が茂ってる。

現在最寄りの肥後大津駅からはタクシーで30分ほど、熊本空港からも同じくらい。阿蘇の外輪山を背に建ち

f:id:ayumu27:20190114075808j:image

阿蘇五岳を目の前に望む。

f:id:ayumu27:20190114124358j:image

自然に溶け込む10室の客室。メゾネットタイプの部屋に泊まった。

f:id:ayumu27:20190113233632j:image

一階のテラス、左側に露天風呂。
f:id:ayumu27:20190113233628j:image

二階からの景色。遠目に見えるのは阿蘇五岳だけど、手前の防空壕みたいなのは、洋室タイプの客室だそう。斬新。

f:id:ayumu27:20190121125128j:image

すべての客室に内湯が付いていて、大浴場はない。

メゾネットタイプには露天風呂も付いてる。

f:id:ayumu27:20190113233929j:image

どちらも湯船の縁だけ木で、石のタイルの湯船。
f:id:ayumu27:20190113233920j:image

何もしていない源泉かけ流しとあるけど、加温されてる45度くらいの熱い湯が湯口から出てる。

露天風呂の湯温は41度強。
f:id:ayumu27:20190113233915j:image

内湯も45度近いお湯をかなり絞って掛け流していて、湯船の湯温は41度弱。
f:id:ayumu27:20190113233933j:image

地下600mから汲み上げている自家源泉の湯は、とろりとなめらなかでつるつる浴感。無味無臭。消毒臭は気にならない。

湯上がりの肌はさらり。

少し物足りなさが拭えない。
f:id:ayumu27:20190113233924j:image

違う温泉に2泊する時、出来るだけ泉質によって後先を決めたい。

酸性や硫黄泉など、自分の肌には刺激が強い温泉を先に、肌に優しいお湯を仕上げ湯に。

昨日宿泊し朝まで入っていた硫黄泉、体に染み付いていた匂いが、優しい泉質で少しずつ緩んでいく。

 

余談だけど、夕食のイタリアンは普通だった。

f:id:ayumu27:20190122152405j:image

メインのお肉は熊本産和牛「和王」のステーキ。すごくサシの入った美味しいお肉。
f:id:ayumu27:20190122152409j:image

 

阿蘇久木野温泉 旅館 心乃間間

★★

ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉

41.6度

pH 8.1

90ℓ/分

各客室に内湯とメゾネットに露天風呂

加温消毒あり 加水循環なし

2019.1.13宿泊