温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

奥塩原元湯温泉 大出館(栃木)

1200年の歴史がある塩原温泉郷。古くから塩原十一湯と呼ばれていて、東から西へ、大網、福渡、塩釜、塩の湯、畑下、門前、古町、中塩原、上塩原、新湯、元湯という湯本が点在。渓流沿いに60軒ほどの温泉宿があり、源泉数は150ヶ所以上。多様な泉質や成分の温泉が湧いている。

f:id:ayumu27:20181230133628j:image

この温泉郷の一番奥にあるのが元湯。昔は元湯千軒といわれるほど栄えていたという、塩原最古の湯。

塩原温泉バスターミナルから送迎の車で約20分。今は、静かな山あいに3軒の旅館がひっそりと残っているだけ。宿の下を赤川の清流が流れ、辺りはナラやクヌギの原生林が生い繁ってる。

f:id:ayumu27:20181230133711j:image

大出館は秘湯を守る会。古くから胃腸によく効く名湯といわれ、長期の湯治客も多い。泉質は含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉。2本の源泉を持ち、湯船は8つ。

f:id:ayumu27:20181231164818j:image

大出館といえば『墨の湯』。日本にひとつしかないと言われる鉄分たっぷりの黒いお湯。

f:id:ayumu27:20181229220347j:image

普通、鉄分の多い温泉は赤茶色がほとんどなので、確かにめずらしい。黒というか濃い藍色。
f:id:ayumu27:20181229220351j:image

湯口が硯のよう。
f:id:ayumu27:20181229220355j:image

細かい濃い灰色の湯の花がたくさんで、黒い湯に見える。
f:id:ayumu27:20181229220343j:image

匂いはそんなにきつくなく、鉄っぽさもない。

タオルが真っ黒になるみたいだけど、湯船に浸かっている縄も真っ黒。

f:id:ayumu27:20181230075057j:image

しっとりした湯感触で、湯上がりの肌もしっとりが続く。肌のセラミドを整えコーティングするメタケイ素がたっぷり入ってる。

湯温は36.5度前後でかなりのぬる湯。底の方はさらにぬるい。

f:id:ayumu27:20181230075909j:image
回らない換気扇のある換気口から雪が舞い入ってきて、内湯だけど浴室の気温は低い。

湯口の近くの湯面でやっと37度。この時期、あと1度高ければいいのにと思ったけど、それでも1時間じっくり浸かる。

f:id:ayumu27:20181230075905j:image

ゆっくり眺めていると、壁の侵食が半端ない。温泉の成分があまりに強いので、ほとんどの金属はすぐに腐食してしまうそう。客室の電化製品の寿命も長くて1年とのこと。

f:id:ayumu27:20181230075339j:image

湯の排出口。鉄板みたい。

墨の湯の源泉は五色の湯No.3。含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(硫化水素型)。それほど硫黄臭はしない。

f:id:ayumu27:20181230084756j:image

もう1本の源泉 御所の湯と泉質名は同じだけど、墨の湯の方は鉄イオンとアルミニウムイオンを含んでる。飲泉すると胃腸だけでなく、貧血や婦人病などにも効く。消毒効果のあるメタホウ素もたくさん含まれてる。

f:id:ayumu27:20181230075335j:image

墨の湯には湯船が2つ。左側にあるのは鹿の湯。
f:id:ayumu27:20181230075331j:image

左:鹿の湯、右:墨の湯

f:id:ayumu27:20181229221201j:image

墨の湯から見た浴室。カランは二ヶ所。温かい湯と水を混ぜて使う。ボディーソープだけ備え付け。シャンプーは売店で買える。
f:id:ayumu27:20181229221233j:image

鹿の湯は、深緑の濁り湯。
f:id:ayumu27:20181229221158j:image

こちらの侵食もすごい。白い析出物もある。
f:id:ayumu27:20181229221220j:image

石油臭があり、苦くて飲めない。f:id:ayumu27:20181229221226j:image

白い湯の花が少し舞ってた。43度前後で熱い。こちらに先に入ると、墨の湯がさらに冷たく感じるので、最後の上がり湯に。

f:id:ayumu27:20181230223821j:image

墨の湯は混浴だけど、14時から15時と、19時から20時半が女性専用時間。この時間にしっかり堪能する。

墨の湯の隣が女性専用の浴場。
f:id:ayumu27:20181230223830j:image
女性専用の浴場には内湯と露天風呂がある。内湯は高尾の湯、露天風呂は子宝の湯。

源泉は御所の湯で『五色の湯』と呼んでいる。天候や季節により色が変化するお湯。晴れるとエメラルドグリーンや乳白色、雨が降ると灰色に変化するらしいけど、大雪の今日は‥。

f:id:ayumu27:20181231111343j:image

まずは内湯。緑がかった灰色の濁り湯。
f:id:ayumu27:20181231111347j:image

右の壁が墨の湯との境。墨の湯とは全く違う明るい浴室。40度くらいの絶妙な湯温でゆっくり入れる。朝は41〜42度だった。

f:id:ayumu27:20181231111412j:image
硫黄らしい白く柔らかな湯の花が湯底の端の方に溜まってる。

湯船の縁は白く析出でコーティング。つるつるで痛くはない。
f:id:ayumu27:20181231111430j:image

胃腸に効くお湯。少し苦いけど香ばしさもある。

やっぱり壁の侵食激しい。
f:id:ayumu27:20181231111354j:image

回らないぼろぼろの換気扇がある換気口。
f:id:ayumu27:20181231111423j:image

洗い場は3つ。もちろんシャワーないので、這いつくばってカランの下に頭突っ込んで洗った。
f:id:ayumu27:20181231111406j:image

子宝の湯という女性用露天風呂。なんと露天風呂が黄緑色の濁り湯だった!HP見ても灰色っぽくて、こんな黄緑色だと思わなくて感動。
f:id:ayumu27:20181231111359j:image

こんなに黄緑色な湯色初めて見た。

f:id:ayumu27:20181231112331j:image

半分に屋根があるけど、風で雪が舞ってるので、顔は雪を浴びながら。

露天も内湯と同じ40度前後の湯温。
f:id:ayumu27:20181231112340j:image

なめらかでつるりとした湯感触。とろみのある湯が暖かく感じるので、露天風呂も寒くない。
f:id:ayumu27:20181231112347j:image

雪を眺めながら。
f:id:ayumu27:20181231112307j:image

湯が掛け流されていくところに、黄緑がかった白い湯の花が溜まってる。もちろん湯船の底にも。
f:id:ayumu27:20181231112322j:image

五色の湯の源泉は、浴槽ごとに浴用、飲用に特効があるとされてる。

f:id:ayumu27:20181231113346j:image

この露天風呂は婦人病に効くと。だから子宝の湯。

もう一つの露天風呂、混浴の岩の湯は神経痛に効くそう。

f:id:ayumu27:20181231113850j:image

こちらは湯温が熱かったらしい。

混浴の内湯は2つで、手前が糖尿病に効くという平家かくれの湯。
f:id:ayumu27:20181231113854j:image

右の大きい方の湯船が御所の湯。胃腸に効くとされている。ぬる湯で長く入れるお湯だったそう。
f:id:ayumu27:20181231113858j:image

もう一つ、貸切の湯船がある。

f:id:ayumu27:20181231163834j:image

扉の札が『空いてます』だと、裏返しの『入浴中』にし中から鍵をかけて入れる。ここも24時間入れる。

どの湯船も夜中じゅう好きな時に入れる。それぞれの湯船の湯温や色に違いがあり、好みの湯に入れる。なんて贅沢な。

部屋が一階の大浴場の階だったので、気軽にお風呂に行けた。ドアを開けると硫黄の香りがぐわっとする。帰りのバスでは、自分から匂う硫黄にどっぷり。

 

塩原温泉 大出館

★★★★★

含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉

50.3度(墨)、51.1度(五色)

pH 6.2、6.6

3.2ℓ/分、110.6ℓ

内湯6 露天風呂2

加水加温循環消毒なし

2018.12.29宿泊