温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

草薙温泉 高見屋 最上川別邸 紅(山形)

山形新幹線で3時間ちょっとの終点 新庄駅陸羽西線に乗り換え20分の古口駅。

駅から最上川まで少し歩いて、古口港から最上峡芭蕉ライン舟下り。

f:id:ayumu27:20181104140902j:image

途中、船上からおしんの別れのシーンの場所や

f:id:ayumu27:20181103231224j:image

白糸の滝を眺め、草薙港までゆっくり舟で1時間。

f:id:ayumu27:20181103231344j:image

草薙港から歩いてすぐの草薙温泉。明治12年に現在の国道47号線を開削した時に湧出した温泉で、このとき新道開削を進めた県令・三島通庸が「草薙」と命名したそう。

f:id:ayumu27:20181103232152j:image

対岸に古くからある仙人堂は日本武尊を祀り、その日本武尊が詠んだと言われる「草も木もなぎ払いつつ陸奥のみち踏分しかもそ此神」という歌から「草・なぎ」の地名を付けたと言われている。f:id:ayumu27:20181103232159j:image

宿は高見屋グループの最上川別邸 紅。

f:id:ayumu27:20181103231527j:image

最上川沿いに建っていて、全室リバービュー。

f:id:ayumu27:20181104141503j:image

客室の窓一面に見頃の紅葉。

大浴場は一階にあり、内湯と露天風呂がある。
f:id:ayumu27:20181103232343j:image

檜の大浴場。床まで檜で気持ちいい。
f:id:ayumu27:20181103232347j:image

この眺望。舟下りの舟が走っていくのも見える。

f:id:ayumu27:20181103232359j:image

内湯の湯温は41度弱。景色を楽しみながらゆっくり入れるようにと、あまり熱く設定していないらしい。ぬるくはないけど。
f:id:ayumu27:20181103232355j:image

階段を数段降りたところに露天風呂。
f:id:ayumu27:20181103232406j:image

露天風呂からの眺め。
f:id:ayumu27:20181103232351j:image

露天風呂は内湯より熱い。

硫黄泉みたいだけど、硫黄の香りは全くしない。23度の冷鉱泉なので加温、循環あり。残念ながら消毒臭が気になる。

f:id:ayumu27:20181104081444j:image

溶存物質が937mgなので、ほぼナトリウム塩化物泉。ねっとりはしないけど、じんわり暖まる。さらつるの湯感触。

温泉はともかく、

f:id:ayumu27:20181104231055j:image

とにかく最上川の眺めは最高。朝靄の最上川

船着場のすぐ側なので、舟下りしてきた人にも最高の立地。

 

草薙温泉 高見屋 最上川別邸 紅

単純硫黄冷鉱泉

23.0度

pH 7.7

露天風呂付き内湯2(男女別)

加水なし 加温循環消毒あり

2018.11.3宿泊