温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

温泉津温泉 のがわや旅館(島根)

出雲空港からも、萩・石見空港からもレンタカーで1時間半の温泉津(ゆのつ)。世界遺産 石見銀山の温泉地として古くから湯治場として栄えた温泉津温泉

f:id:ayumu27:20180717213340j:image

鄙びた温泉街は、国内で唯一 温泉街で重要伝統的建造物群に指定されている。

f:id:ayumu27:20180717233814j:image

選んだ旅館はのがわや旅館。外湯文化の残る温泉津温泉だけど、源泉かけ流しの内湯があり、時間も夜23時まで、朝は6時から入浴できる。また、お料理に定評のある旅館だったので。

f:id:ayumu27:20180714222833j:image

温泉津は共同湯を大切に守ってきた温泉街なので、湧き出した湯は共同湯で使うのが基本との考え。余った分を各旅館に配湯している。

のがわやは薬師源泉で、毎分8ℓが分湯されている。量が少ないため、浴槽を小さくし、加水を行わない。

f:id:ayumu27:20180714222838j:image

小さな浴槽が源泉かけ流しで、大きいL字型の浴槽は沸かし湯。源泉は42度くらいで、沸かし湯が40度くらい。

f:id:ayumu27:20180715005543j:image

少量の源泉が大切に大切に流されている。湯船が小さいので、充分かけ流されているように感じる。

f:id:ayumu27:20180715005720j:image

緑がかった茶褐色の濁り湯。成分が濃く、しっかり温まる。

f:id:ayumu27:20180715005326j:image

鉄の香り。しょっぱくて目にしみる。少しだけど泡付きもある。遊離二酸化炭素が500mg近くある。

肌にじっとり馴染んで、きゅっきゅする湯感触。

翌朝は男女入れ替え。

f:id:ayumu27:20180717214121j:image

こちらは岩風呂。温泉質で変色した岩。小さくて熱い湯船だけど、有り難さを感じる。
f:id:ayumu27:20180717214126j:image

泉質はナトリウム・カルシウムー塩化物泉。溶存物質が多い濃い湯。メタケイ素も豊富で保湿効果がある。
f:id:ayumu27:20180717214130j:image

湯上りはさらする肌に。熱いので、短時間しか入らなかったけど、汗も出るしすごい温まり。

温泉街にある龍御前神社で毎週土曜日の夜に石見神楽が行われてる。

f:id:ayumu27:20180717221158j:image

レトロな建物がめずらしく温泉街散歩も楽しい。外湯もかなり個性的で入る価値あり。
f:id:ayumu27:20180717221202j:image

塩化物泉だし、熱湯だし、泉質的には範疇外の温泉地だったけど、来てよかった。

 

湯泉津温泉 のがわや旅館

★★★

ナトリウム・カルシウムー塩化物泉

45.3度

pH 6.3

内湯2(男女入れ替え)貸切1

加水加温循環消毒なし

2018.7.14宿泊