温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

白木川内温泉 旭屋旅館(鹿児島)

鹿児島で気になり続けていた温泉の一つ。白木川内温泉

適温の湯が足元から自噴している奇跡。

大きな岩の割れ目から自噴する足元湧出のサファイアブルーの湯。

f:id:ayumu27:20180505163739j:image

出水市にある白木川内温泉九州新幹線出水駅から車で30分ちょっと。

f:id:ayumu27:20180505164227j:image

2軒の宿(元は同じ宿だったとか)が共同管理している温泉で、1号泉、2号泉という2つの湯船(それぞれ男女別)がある。

f:id:ayumu27:20180505164514j:image

どちらへ入浴申し込みしてもいい。

旭屋旅館さんへ入浴料150円(150円で1号泉と2号泉の両方に入れる)を支払い、と言っても、不在時はここへみたいな箱の中へ。

まずは1号泉よりほんの少し下にある2号泉へ。

f:id:ayumu27:20180505165140j:image

脱衣所はなく、この細い板に服を脱いで。

f:id:ayumu27:20180505172929j:image

透明度はかなり高いのだけど、色のせいか、湯底の岩が分かりづらくて、そろりと入る。端が浅く中心部は深い。

とろりとした湯のぬるぬるの湯ざわりがたまらない。白い湯の花がふわふわ。

ぬる湯で超気持ちいい。

f:id:ayumu27:20180505173110j:image

岩の割れ目から暖かいお湯が湧き出ているのが簡単に確認できる。

男性湯船とは、足元が繋がっていて、お互い足を入れたり掴んだりできるほど。

これ、向こうに知らない人いて、こちらは1人とかは恐ろしくて無理。

f:id:ayumu27:20180505173327j:image

2号泉の出入口。外に履物脱いで、狭い板の棚の前の小さな簀の上で着替え。

半分くらい服を着て、1号泉へ。

1号泉には脱衣所がある!

f:id:ayumu27:20180505173616j:image

湯船も1号泉の方が広い。

最初の写真が1号泉の男湯でこちらが女湯。淡いサファイアブルーが本当に綺麗。

f:id:ayumu27:20180505181916j:image

2号泉と同じく下は繋がっている。こちらの方が潔く繋がってる。

f:id:ayumu27:20180505182204j:image

右側の小窓は、男性側にある飲泉を手渡してもらうところ。男性が居なければ、飲めないらしい。

岩の間から湧くお湯は新鮮そのもの。湧出口は約10か所あるらしい。1号泉の方が少し熱くて、41度あるかないかくらい⁈ 2号泉は川に近いので、1号泉よりもぬるい。

f:id:ayumu27:20180505182538j:image

アルカリ性の単純硫黄泉。心地よい程度の硫黄の匂い。

湯上がりのお肌はするする。

ぬるいお湯に浸かってたのに、顔や頭から汗が出る。めちゃくちゃ気持ちいいお湯。

 

白木川内温泉 旭屋旅館

★★★★★

アルカリ性単純硫黄泉

42.0度

pH 9.3

内湯4(男2女2)

加水加温循環消毒なし

2018.5.5日帰り入浴