温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

榊原温泉 まろき湯の宿 湯元 榊原館(三重)

清少納言が『枕草子』で「湯はななくりの湯、有馬の湯、玉造の湯」と謳っている。清少納言、九州に行ったことあるのかな。嬉野温泉に入ったかな?入ってたらどうだろ。嬉野によく似たぬるつるの湯。どちらを三名泉に選んだかな。

平安時代には「ななくりの湯」と呼ばれていた榊原温泉。日本三名泉のひとつ。古くから人々を癒す湯治場として栄え、万葉の時代にはお伊勢さんの”湯ごり湯”として利用されていた。f:id:ayumu27:20180318095423j:image

大正8年創業の大型旅館、まろき湯の宿 榊原館。古いけど大丈夫。宿泊者もかなり多いけど、いろいろなんとかなる。

大浴場は2つで、男女入れ替え制。今日の女湯はもえぎ。夕食前は洗い場の空きがないほど混雑してたけど、夕食後8時前後はぽつりぽつりだったり、貸し切り状態だったり。

31度の源泉かけ流し湯船があるのがすごくいい。暖かい加温の内湯と行ったり来たり。

f:id:ayumu27:20180317221654j:image

冷たいけど、結構平気。36度くらいの栃尾又温泉とかに比べて、冷たさがゆるい。なんでだろう。

f:id:ayumu27:20180317221812j:image

消毒も循環もない源泉。しっかりした硫化水素臭。香ばしくて美味しい硫黄泉の風味がする。外の飲泉所と同じ。

f:id:ayumu27:20180317221926j:image

飲みやすくて美味しくてすき。

f:id:ayumu27:20180317222209j:image

源泉湯船も加温湯船も気持ちよくかけ流されてる。多くの人が出入りしてるけど、これくらい広くて、かけ流しだと清潔感ある。

f:id:ayumu27:20180317222323j:image

加温の内湯は41度くらい。熱くなると、すぐに源泉湯船に浸かれるので、のぼせなくていい。

露天風呂はもう少し熱めかもしれないけど、外気のおかげでこちらもあまり熱くない。

f:id:ayumu27:20180317222543j:image

なんか、上手な温度設定。岩風呂あまり好きじゃないので、湯温の確認だけ。

ひたすら内湯の2つの湯船を行ったり来たり。

洗い場は壁に一列に13個。湯元 榊原館は、榊原温泉で唯一源泉を保有している宿。館内に1本、敷地内に1本。毎時230ℓと190ℓの湧出量の2本の源泉を保有しているため、シャワーも温泉でぬるつる。石鹸が洗い流せてるか分かりづらいほどのぬるつる。

f:id:ayumu27:20180317223751j:image 
お肌にやさしいぬるつるの美容液のようなお湯は、絶妙なバランスの温泉成分が含まれていることから、奇跡の配合と言われているとか。

湯上がりの肌はするっする。

f:id:ayumu27:20180317223803j:image

病気の予防や、アンチエイジングに有効な抗酸化作用を高める酸化還元電位(ORP)がマイナス225mv。かなり還元力が強い数値。

f:id:ayumu27:20180317223907j:image

極めて還元力が高く、抗酸化作用が強くて、リウマチ治療や湯治で有名な俵山温泉のORPがマイナス100から200mv。(冬場はマイナス280mvに)

毎日、すべての湯船のお湯を抜き、徹底した清掃を行うため、大浴場は23時まで。朝は6時から。夜入れないので、露天風呂付きの部屋にした。好きに温度調節できる。

f:id:ayumu27:20180318095145j:image

翌日の朝は、大浴場むらさき。昨日のもえぎより広い。朝8時。またもや誰もいない。

f:id:ayumu27:20180318113256j:image

朝6時からなので、湯もみされてなくて昨夜より熱い。ぬるすべ感も少ない。

f:id:ayumu27:20180318113327j:image

源泉湯船もこちらの方が広い。しっかりした泡付きがあり、ぬるつる。

また今日も、加温湯船と源泉を行ったり来たり。

三重には梅を見に。鈴鹿の森庭園のしだれ梅。それから

f:id:ayumu27:20180318165736j:image

翌日にいなべ市農業公園へ。

f:id:ayumu27:20180318165831j:imageちょうど見頃の梅に大満足。榊原温泉の泉質にも大満足。また入りたい。

 

榊原温泉 まろき湯の宿 湯元 榊原館
★★★★★
アルカリ性単純泉
31.2度
pH 9.4
230ℓ/分
内湯2 源泉湯船2 露天風呂2(男女入替)
加温加水循環消毒なし(源泉湯船)
2018.3.17宿泊