温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

柴原温泉 かやの家(埼玉)

埼玉県の温泉は初レポート。

池袋駅から西武特急レッドアロー号で西武秩父駅まで約80分。

f:id:ayumu27:20180217175210j:image御花畑駅で乗り換え約15分で武州日野駅

f:id:ayumu27:20180218115431j:image駅から宿の送迎車で10分ほど走り、山肌に白い雪が点々と残る奥秩父の山の谷間へ。柴原温泉かやの家 日本秘湯を守る会。
f:id:ayumu27:20180218113121j:image

名前の通り、玄関周りもお風呂も榧の木で出来ている。 昭和29年創業、神経痛や胃腸病に効く単純硫黄泉。

f:id:ayumu27:20180217223532j:image大浴場は内湯が2つと露天風呂。夜の10時に男女入れ替えで、一晩中入れる。

f:id:ayumu27:20180217223641j:imageこんなに清潔な湯船めずらしい。湯船はもちろん、床も壁も天井も榧の木で、すごく綺麗で気持ちいい。硫黄の香りはほとんどなく、木の香りに癒される。

f:id:ayumu27:20180217223839j:image榧の木は古くから碁盤などに使用される木。水に強く腐りにくいことでも知られ、家の土台や風呂桶、船の材料などに使われてきたが、成長が遅く生育が困難なため絶滅に近い希少な木となっている。榧の木を使ったお風呂は古来より高血圧、中風の予防になると言われている。

f:id:ayumu27:20180217224433j:image無色透明、ちょっとだけほんのり黄色がかった透明のような気もする。内湯はちょっとぬるめと、ちょっと熱め。大きい、ちょっとぬるめの方にずっと入ってた。冷鉱泉なので加温循環。やむなし。

しかし、こんな綺麗で清潔な浴場なかなかない。

露天風呂は寒い外廊下を裸で歩いて。

f:id:ayumu27:20180217223927j:image入れ替え後の露天風呂は、内湯のすぐ隣にある。

露天風呂は熱め。

f:id:ayumu27:20180217224004j:imageしっとりしたお湯で、じっとりと肌に馴染む。アルカリ泉独特のつるつる感はほとんどないけど、湯上がりもしっとり。

f:id:ayumu27:20180217224147j:imagef:id:ayumu27:20180217224206j:image2本源泉があるみたい。

鎌倉時代に掘った井戸からお湯が湧き出した言い伝えがある。弱アルカリ性硫化水素を含むその湯は、ゆで玉子のような香り。入浴中には匂わなかったけど、湯上がりに浴衣着てくつろいでるとき、ふわっと硫黄の匂いがした。確かに硫黄泉だ。 

 

柴原温泉 かやの家

アルカリ性単純硫黄冷鉱泉
9.6度
pH 9.2
2.6ℓ/分
内湯4 露天風呂2 男女入替制
加温循環消毒あり 加水なし
2018.2.17宿泊