温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

南紀勝浦温泉 陽いずる紅の宿 勝浦観光ホテル(和歌山)

新大阪駅から特急くろしおで4時間。遠い‥。前泊が鳥羽だったので、鳥羽からだと電車で30分の多気駅へ行き、そこからワイドビュー南紀で2時間半。紀伊勝浦駅、と、遠い。

宿に荷物を預けて、大門坂から熊野古道を歩き

f:id:ayumu27:20180206232607j:image那智の滝まで。

f:id:ayumu27:20180206232639j:image歩き疲れて戻ってきて温泉。

最上階に内湯と露天風呂。

f:id:ayumu27:20180208002438j:image

無色透明でさらっとしたお湯。夜は24時まで。朝は5時半から。那智湾が一望でき、日の出も見えた。宿の名前通り。

f:id:ayumu27:20180206225032j:image

湯船は循環掛け流し併用。

f:id:ayumu27:20180208002450j:image
勝浦温泉よりも更に泉質が良く、地元人でも湯治場として訪れる湯川温泉水をご用意しております」

という温泉水が、飲泉用に置いてある。

 

南紀勝浦温泉 陽いずる紅の宿 勝浦観光ホテル

ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
25度
pH ?
30ℓ/分
内湯 露天風呂(男1女1)
加温加循環消毒あり 加水なし
2015.9.20宿泊