温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

熱塩温泉 山形屋(福島)

日中線のしだれ桜を見たくて喜多方駅へ。新幹線郡山駅磐越西線に乗り換え喜多方駅まで1時間40分。

f:id:ayumu27:20180125201456j:imageそこからタクシーで20分走ると、田舎の良さを味わえる「一流の田舎」を目指す熱塩温泉 山形屋がある。

開湯600年の熱塩温泉は喜多方の奥座敷。会津の殿様から庶民まで広く愛されてきた名湯。その名の通り、65.5度という高温で塩分が多いお湯が特徴で、古くから湯治湯として親しまれていた温泉。(大浴場の写真は宿 HPより)

f:id:ayumu27:20180125203223j:image

露天風呂付きの大浴場は男女入れ替え制。24時に入れ替えで、翌朝10時まで入れる。内湯は広い。

とにかく高温で塩分が濃い。しょっぱい。溶存物質なんと11400mg!つるつるで気持ちいいけど肌がひりっとする。出てからもぽかぽかが続く。

f:id:ayumu27:20180125201521j:image露天風呂から桜が見える。露天風呂の方が少し湯温が低くくて入りやすかった。

f:id:ayumu27:20180125201549j:image

チャコール・バーデンという日本初の炭の低温サウナがある。朝チェックアウト前にばたばたと体験。悪くない!夜もいけばよかったな。

 

熱塩温泉 山形屋
★★
ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
64.3度
pH 6.4
138ℓ/分
露天風呂付き内湯(男1女1)
循環消毒加水加温あり
2016.4.16宿泊