温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

百沢温泉 アソベの森いわき荘(青森)

花筏を見に弘前へ。

f:id:ayumu27:20180125003846j:image

弘前城からタクシーで30分弱の百沢温泉は「熱の湯」と地元の人々から親しまれている名泉。古くからアソベの森と呼ばれてきた、神が宿る山 岩木山

f:id:ayumu27:20180125200039j:image津軽の文化を育んできたこの山に見守られるように佇む宿がいわき荘。岩木山を望む部屋でゆっくり寛ぎ、青森の旬の幸を味わえる。

f:id:ayumu27:20180125013154j:imageお料理かなり美味しかった。コスパがすごくいい。

お風呂は露天風呂付きの大浴場と源泉かけ流しのひば風呂。

大浴場も青森ひばのお風呂。木の香りに癒される広い湯船。(お風呂の写真は宿 HPより)

f:id:ayumu27:20180125004921j:image

裸で渡り廊下を少し歩いて露天風呂へ。ナラの原生林に囲まれた天然岩露天風呂。

f:id:ayumu27:20180125004829j:image

放流循環併用で塩素臭あり。40.7度の源泉なので若干加温してるせいかな。41度はある、温もるお湯。

f:id:ayumu27:20180125011108j:image

この小さめの湯船、源泉かけ流しの本館「ひば風呂」に入りそこなった。17時からは貸切風呂になってしまう。なんでノーマークだったんだろう。大浴場の立派な総ひば造りに気を取られた。ただ、こちらは48.5度の源泉で42.5度の使用らしくちょっと熱そう。

部屋の露天風呂は、47度と36度の二本の源泉を合わせて適温にしてる。

f:id:ayumu27:20180125003702j:imagef:id:ayumu27:20180125003640j:image

部屋の露天風呂が1番よかった。 鉄分を含んでやや金気臭あり。深い緑から黄色に濁ったお湯。

f:id:ayumu27:20180125003732j:image

入浴中はつるつるでもないけど、湯上がりはしっとり感が長く続き、朝まで身体の中が温かい。

帰りに岩木山麓の世界一長い桜並木へ。

f:id:ayumu27:20180125003919j:image

 

百沢温泉 アソベの森いわき荘
★★★
ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-炭酸水素塩・塩化物泉
35.9度・48.6度
pH 6.8
内湯(男2女2) 露天風呂(男1女1)
加温加水循環消毒なし 大浴場は循環併用
2016.4.29宿泊