温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

赤倉温泉 赤倉観光ホテル(新潟)

標高1,000mに建つホテル。雲海が見える景色が『死ぬまでに行きたい!世界の絶景 ホテル編』に掲載されている

f:id:ayumu27:20171126194220j:image

が、今朝は雲海現れず‥。

新幹線の長野駅からしなの鉄道北しなの線で50分弱の妙高高原駅。駅からは送迎で10分ほど。赤い三角屋根に白い壁。妙高山の中腹に建つホテル。

創業は昭和12年。当時の大倉財閥上高地帝国ホテル・川奈ホテルに続けて建てた日本の草分け的な高原リゾートホテル。

f:id:ayumu27:20171126200630j:image赤倉温泉は江戸時代に開湯された歴史ある温泉で、妙高山中腹で自然に吹き出している天然温泉を専用温泉管で引湯している。循環も消毒もしていない掛け流し。

スパ棟にある大浴場。夕飯前の17時半。貸切状態で入れた。

f:id:ayumu27:20171126194423j:imageかなり硫黄の匂いが漂う。内湯に露天風呂、サウナとミストサウナ、水風呂。

余分な皮脂や角質を取り除く炭酸水素塩泉と、にきびやかゆみにも効果のある硫酸塩泉で、美肌の湯。湯上りの肌はさらっさら。でも、ぽかぽか。

f:id:ayumu27:20171125213924j:image

さらりとした滑らかな湯。白く細かな湯の花がたくさん舞って、白い濁り湯のように見える。

f:id:ayumu27:20171125214117j:image

露天風呂の目の前は斑尾山などの山々に野尻湖。雪も積もってる。17時半過ぎで真っ暗、たくさん星が見えてる。

41度ちょいくらいか。長湯はできないけど、寒い外気が顔に気持ちいい。

男湯はもっとぬるかったらしい。いいな。

カルシウム成分か、湯船の淵や床に白い析出物。

f:id:ayumu27:20171125214216j:image

今回は露天風呂付きのpremium棟に宿泊。お風呂入りながら、目の前にはオリオン座と雪景色。めちゃくちゃ気持ちよかった。

f:id:ayumu27:20171126195136j:image

雲海は発生しなかったけど、綺麗な朝焼けに日の出。

f:id:ayumu27:20171126195215j:image

泉質もすごくいいし、クラシカルなホテルも居心地いい。また来たい、赤倉観光ホテル。

 

赤倉温泉 赤倉観光ホテル
★★★★
カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉
50.2度
pH 6.6
内湯、露天風呂、水風呂、サウナ、ミストサウナ(男女別)
循環消毒なし 外気温により加温加水
2017.11.25宿泊