温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

湯ノ峰温泉 つぼ湯(和歌山)

開湯1800年。日本最古の自噴泉。熊野詣の湯垢離場(ゆごりば)として世界遺産に登録されているつぼ湯。

f:id:ayumu27:20171109120512j:image

南紀白浜空港からレンタカーで1時間20分くらい。湯の峰温泉は、昔ながらの温泉情緒が残る町並み。

f:id:ayumu27:20171109120454j:image

川沿いの湯筒では湧き出る90度の熱湯で土産物屋で購入した卵や野菜を茹で、温泉卵や茹でとうもろこしなどを楽しめる。

f:id:ayumu27:20171109120832j:image
お目当てのつぼ湯は、30分交替制。公衆浴場の番台で番号札を受け取り、順番を待つ。

f:id:ayumu27:20171109120540j:image

川沿いの道を歩いて小さな木造の湯小屋へ。 

f:id:ayumu27:20171109120609j:image

板で囲っただけの佇まい。

入口から少し石段を降りる。

f:id:ayumu27:20171014085344j:image

階段裏に2人でも気兼ねするくらいの小さな天然岩の湯船。

f:id:ayumu27:20171109120710j:image
まさに名前の通り湯壺。透明でほんのり白みがかったお湯が足元から湧いている。

ものすごく熱いので、水を投入。とにかく熱くて、湯ざわりとか肌触りとか覚えてない‥。

f:id:ayumu27:20171014085408j:image 

日に何度か色を変える事から「七色の湯」と呼ばれているそう。

上がってからも、1時間くらい汗が止まらなかった。

 

湯ノ峰温泉 つぼ湯
★★★
含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
53.5度
pH 7.0
貸切風呂1
加水あり 加温循環消毒なし
2016.7.17日帰り入浴