温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

十勝川温泉 三余庵(北海道)

帯広空港から約40分。帯広駅からは20分。十勝川沿いにある温泉地。

この琥珀色の透明なお湯。北海道遺産にも認定されている十勝川温泉の「モール泉」。ヨーロッパにある、肌に腐植物を含む泥を塗る「モール浴」という美容法が由来では。

f:id:ayumu27:20170922232419j:image

植物性のモール泉は希少らしい。モールとは「亜炭」のこと。地中に埋もれていた植物が黒炭に変化する手前で生じるフミン酸が主成分。遙か太古の時代に自生していた葦などの植物が、長い時間をかけ堆積して出来た亜炭層を通って沸いてる温泉。

f:id:ayumu27:20170922233748j:image

泉質としては、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉で、肌をなめらかにし、天然保湿成分が豊富な美肌の湯。 少ししょっぱい。

f:id:ayumu27:20170922232441j:image 

大浴場は、秋田檜の浴槽と、イタリアからの輸入材料を用いたタイル張りの浴槽があり、21時に男女入れ替え。朝の10時までいつでも入浴できる。こちらはガラスモザイク風呂。

f:id:ayumu27:20170922234833j:image

全室に檜風呂があり、部屋数も少ないし、24時間入浴可なので、大浴場で誰かとかぶることは少なそう。

部屋のお風呂だと、源泉100%を冷まして適温で入れるので、私はこちらだけで充分。

f:id:ayumu27:20170922235152j:image

かなり大きな秋田檜の浴槽。なめらかで、いかにも保湿力ありそうな、濃いねとりとしたお湯。

第一ホテルの別館なので、第一ホテルの大浴場にも入れる。持って行くタオルも籠に入れて準備されている。

本館の玄関脇では、十勝川を眺めながら、目の前で焼いてくれるジャガイモ食べながら足湯もできる。

f:id:ayumu27:20170923000437j:image

 

十勝川温泉 三余庵
★★
ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
53.8度
pH 8.03
露天風呂付き内湯(男1女1)
加水加温循環なし、消毒あり
2017.9.17宿泊