温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

仏生山温泉 天平湯(香川)

高松空港から車で20分足らず。カフェのようなお洒落な外観の日帰り入浴施設。(写真はHPから)

f:id:ayumu27:20170905234847p:image中に入ってもお洒落さは続く。カレーなどの軽食やかき氷などが食べられるカフェや、地元の雑貨、湯船で読んでもいいと販売している中古文庫がセンス良く並ぶ。

f:id:ayumu27:20170905235749j:image

ぬるぬるのとろりとしたお湯。泉質はナトリウム炭酸水素塩・塩化物泉。美人の湯といわれている重曹泉。目はしみないけど、舐めるとしょっぱい。
鉱泉のため加温あり。消毒臭がきつい湯船もある。洗い場の横にある主浴槽は、ぬるぬる感が少ない。

f:id:ayumu27:20170905235959j:image
「33度の低温浴で肌に付く炭酸をお楽しみください」という湯船が、ぬる湯で長く入っていられてよかったけど、幼児の多いこと多いこと。湯が荒れ放題。
泡付きもよく、実際は36度くらいの湯が投入されてるようで、そんなに寒くもない。

f:id:ayumu27:20170905234431p:image(HPの写真)

いくつかの湯船が中庭を囲むように配置されていて、すべてが半露天のようになっている。

泉質がいいだけに、あまりの人の多さ、湯の汚れにがっかり。

 

仏生山温泉 天平
★★★
ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
32.6度
pH 7.5
湯船5 サウナ
加水なし、加温循環消毒あり
2017.9.3日帰り入浴