温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

乳頭温泉 秘湯 鶴の湯(秋田)

あまりに有名な秘湯 鶴の湯。

新幹線の田沢湖駅からバスでアルパこまくさへ(約35分)、そこからは宿の送迎。

f:id:ayumu27:20170724012624j:image
鶴の湯は乳頭山の麓の乳頭温泉郷の中で最も古く、350年もの歴史がある宿。元禄時代の1688年から湯宿としての記録が残っている。

f:id:ayumu27:20170724012654j:image

鶴の湯の半径50m以内に泉質の異なる4つの源泉が湧いている。それぞれ白湯、黒湯、中の湯、滝の湯という源泉名。
同じ敷地から効能、泉質が異なる4つの温泉が湧く珍しい温泉場。

どれも硫黄香る乳白色の湯。どのお湯がどの泉質か、図や解説を見ながら整理しながら。

f:id:ayumu27:20170801223959j:image

白湯は美人の湯。別名冷えの湯。

f:id:ayumu27:20170801222930j:image

さらっとしていて、適温で気持ちいい。

f:id:ayumu27:20170801223249j:image 

含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩泉(硫化水素型)。

f:id:ayumu27:20170801223539j:image
混浴露天の鶴の湯は足元湧出。源泉はこの白湯。女性露天も、湯底自噴に白湯を引湯している。

黒湯はぬくだまりの湯、子宝の湯。

f:id:ayumu27:20170801223444j:image

熱め。加水されてるけど熱い。
f:id:ayumu27:20170801223411j:image

切り傷や火傷にも効く。

f:id:ayumu27:20170801223007j:image

ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉。

中の湯は眼っこの湯、眼病に効くらしい。

f:id:ayumu27:20170801222456j:image 

少しなめらか。リウマチにも効く。飲用もできるがすごくクセがある。

f:id:ayumu27:20170801222651j:image

重曹・食塩硫化水素泉。

f:id:ayumu27:20170801222718j:image

打たせ湯の滝の湯は、含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉。

f:id:ayumu27:20170801222808j:image

f:id:ayumu27:20170801222834j:image 

シャンプーやシャワーがあるのは、屋外に出ずに廊下づたいで行く男女別の内湯のみ。小さいので、超タイミングよくなければ入れないけど、源泉白湯のかけ流し湯船。運良く1人で入れたので、ゆったりシャワーして、白湯を独り占めできた。

全部の源泉に入った。自分が硫黄臭。お肌はすべすべつるつる。 

 

乳頭温泉 秘湯 鶴の湯
★★★★★
含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素泉
59.6度
pH 6.6
内湯(男4女4)露天風呂(混浴1女2)
加温循環消毒なし一部加水あり
2016.9.18宿泊