温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

滑川温泉 福島屋(山形)

福島駅から奥羽本線山形線)で30分、米沢の峠駅。駅から送迎で15分程度。舗装はされているものの、宿の方も慎重に運転されるような険しい山道。

f:id:ayumu27:20170723190340j:image

日本秘湯を守る会。250年前に上杉藩主に許可を得て開湯し、現在14代目。

電気も電話線も通っていない秘湯で、宿の前の川を利用した水力発電。電力が足りないため、部屋には冷蔵庫もエアコンもないけど、真夏とは思えない涼しさ。

f:id:ayumu27:20170723190531j:image

タオルには、動脈硬化 胃腸 リウマチの名湯と描いてあり、湯治客も多そう。湯治用の自炊棟は江戸時代の建物。

f:id:ayumu27:20170723191921j:image

お風呂は4つ。露天風呂が2つに内湯が2つ。内湯の1つ以外は混浴だが、女性専用時間や貸切時間がある。

まずは、女性専用時間が17時半までの岩の露天風呂へ。

f:id:ayumu27:20170723220512j:image

サンダルに履き替え、川沿いの紫陽花咲く道を1分ほど。

f:id:ayumu27:20170723220713j:image

前川を眺めながら。冷たいしぶきを感じるような風が涼しい。熱い湯だけど、気温が低いので気持ちよく浸かれる。でも、10分くらいで顔から汗が噴き出る。
硫黄の香りの青白い乳白色。虫も木の葉も落ちてない綺麗な気持ちいい湯船。

f:id:ayumu27:20170723221020j:image

女性の内湯は、古いけどなんか洒落てる。高い天井が気持ちいいけど熱い。汗が噴き出す。

f:id:ayumu27:20170723221130j:image

重たいつるっとしたお湯。苦みやえぐみのない美味しい硫黄泉。白いふわっとした湯の花が少し。でも熱い。

f:id:ayumu27:20170723221224j:image

もう1つの露天風呂、檜風呂は深緑色の湯の花が浮いてる。21:30~翌9:00は先着順で貸し切れる。空いていたら、入浴中の札を掛け内鍵をして入る。清水をホースで入れることができるからか、他の湯船に比べて、乳白色の濁りがはるかに薄い。でも熱過ぎずに入れる。

f:id:ayumu27:20170723221435j:image

炭酸水素塩泉も硫酸塩泉も、肌の角質や脂分を取り除く美肌の湯。保湿成分のメタケイ素も豊富で肌がするするに。刺激が強くないけど、効きそうな湯。動脈硬化やリウマチだけでなく、皮膚病や美肌も。

 

滑川温泉 福島屋
★★★
含硫黄-ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉
53.6度
pH 7.1
内湯(混浴1女性1)露天風呂(混浴2)女性専用時間あり
24時間入浴可 加温加水循環消毒なし
2017.7.22宿泊