温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

横向温泉 下の湯 滝川屋旅館

「寒いですから、羽織ものをお忘れなく」夏なのに⁈

最寄り駅は猪苗代駅か二本松駅。今回は、福島駅からバスで40分で土湯温泉へ。そこから送迎車で20分ほど。

明治に建てられた古い建物。

f:id:ayumu27:20170701222414j:image

玄関には2000年前の箕輪山噴火時のものらしい大きな安山岩

f:id:ayumu27:20170701222440j:image

滝川屋旅館は1日限定2組しか宿泊できないけど、小さな宿ではない。湯治場として栄え、部屋数60、200名が宿泊できる大きな人気宿だったそう。3階まで部屋がある。

何日も前から楽しみにしていた足元湧出のお風呂は、階段で地下へ。脱衣場も部屋も洗面所も綺麗にリニューアルされていて、とても清潔で気持ちいい。

f:id:ayumu27:20170701222710j:image

混浴と女湯の2つがあり、今回は混浴を使用してとのこと。ホワイトボードに出る時間を描いて貸切で入る。もちろん夜中じゅう入れる。

f:id:ayumu27:20170701222924j:image

湯船は総檜風呂で3つに仕切られている。右奥の加温した湯が注がれている湯船がいちばん温かく体感38度くらい。とろりとしたなめらかで濃いお湯。

f:id:ayumu27:20170701223112j:image

そこから湯が流れる左隣の湯船は底の木に穴が開けてあり、時折ぷくり、ぽこぽこっと大きめの泡が上がってくる。自噴の足元湧出。結構ぬるめ。

f:id:ayumu27:20170701223049j:image

雲丹みたいなオレンジ色の湯の花がうようよ舞ってる。

もう一つの湯船は湯底から湧いている32度の源泉がメインでかなりぬるめ。部屋にはまだこたつがある状況なので、ちょっと入れない湯温。こちらもたまにぼこぼこっと音がする。

東日本大震災後に温泉の温度が下がってしまったらしい。今年の3月に分析表が新しくなって、31.9度に。しかも驚いたことに、溶存物資が足りないので単純温泉だ。あれ程の湯の花、匂い、味、泡付き、色で、単純温泉とか信じられない‥。

f:id:ayumu27:20170701200031j:image

鉄分や炭酸分を多く含む。一番温かい湯船は、かなりの泡付き。炭酸ガスは皮膚から吸収され、毛細血管を拡張し血液循環をよくするので、ぬる湯だけど入浴後はぽかぽか。夕方にまずは2時間の長湯。

炭酸水素、ナトリウムイオンで、お肌はするするに。

味は少しの酸味と鉄っぽさと石油っぽさ。

食事はヒレ肉の馬刺し、山菜の天ぷら、根曲がり竹、磐梯牛の焼肉など、2組がおもてなしの限度という信条が分かる心遣い。

f:id:ayumu27:20170702114443j:image

夏場の湯治にいいな。また湯治リストに加わった。

日帰り入浴不可とされてたけど、今は予約すれば出来る限り受けてくれる。

 

横向温泉 下の湯 滝川屋旅館

★★★★★
単純温泉
31.9度
pH 6.5
内湯(混浴1女1だけど実質は貸切1)
2017.7.1宿泊