温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

栃尾又温泉 自在館(新潟)

新潟県魚沼市にある栃尾又温泉は、国内屈指のラジウム泉。

上越新幹線で1時間半。浦佐駅からは送迎かタクシーで30分。在来線に乗り継げば、小出駅からタクシーで15分。

開湯は1250年以上前、自在館は創業400年。日本秘湯を守る会。

8ヶ月前に訪れ、放射能泉の超絶デトックス効果に驚き、湯治リストの1つに記録した温泉。

本館と渡り廊下で繋がっている大正13年に建てられた湯治専用の旧館。

f:id:ayumu27:20170624143521j:image

今回泊まるのはこちらの湯治棟。二面が襖で鍵もトイレもない。

f:id:ayumu27:20170624201548j:image

自然湧出のラジウム泉の大浴場は3つ。自在館の建物から出て数歩。この建物には霊泉「うえの湯」と「奥の湯」がある。

f:id:ayumu27:20170624201211j:image

こちらは「奥の湯」

泉温36.8度の完全な源泉掛け流し。上がり湯として41.5度に加温した小さな湯船がある。

放射能泉」の定義の基準値の6倍以上のラドン含有量。新陳代謝が良くなり体内の老廃物などのデトックス作用、免疫力を強化し自然治癒力を高めるとも言われている「万病の湯」。

f:id:ayumu27:20170624141845j:image

しかも、ぬる湯ゆえ長く入浴でき、皮膚から呼吸から、放射能泉の成分をたっぷり取り込むことができる。もちろん飲用可。無味無臭で飲みやすい。

しかも、アルカリ泉なので、肌の余分な角質を溶かしつるつるにする美肌効果まであり、湯上がりの肌はしっとりするする。手足は長い間ぽかぽかが持続。

到着後にすぐさまたっぷり2時間長湯。その後も夕食後、早朝、朝食後と4回ゆったり長湯をたのしむ。

f:id:ayumu27:20170625105702j:image

霊泉「したの湯」は自在館の地下から階段を下った源泉の真上にある。

f:id:ayumu27:20170625091954j:image

源泉から1番近いだけあり、他の2つの大浴場より湯温が若干暖かく、少し泡付きもある。窓や屋根のレトロな感じや窓から見える山の緑もいい。

f:id:ayumu27:20170624143354j:image

こちらは貸切露天「うけづの湯」。源泉を加温してかけ流してる。長湯できないし、霊泉の方がはるかにいいけど、夜の23時から朝5時までは霊泉には入れないので。

貸切「たぬきの湯」。広い窓が気持ちいい。洗い場もある。

f:id:ayumu27:20170625091806j:image

夜にはまた違った風情が。

f:id:ayumu27:20170624123600j:image

ごはんは心のこもった山の幸。

f:id:ayumu27:20170624123641j:image

 

栃尾又温泉 自在館
★★★★★
単純放射能
36.8度
pH 8.6

120ℓ/分
内湯3 (5〜23時)
貸切風呂3 (24時間)
2016.10.1/2017.6.24宿泊