温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

古湯温泉 鶴霊泉(佐賀)

2千年以上の歴史ある古湯温泉。佐賀駅から車で約30分。川が流れ蛙がなく緑に囲まれたのどかな風景。

石畳沿いに古い民家をリノベーションした泊まれる図書館やカフェなどがあり、散策できる温泉街(になりつつある、か)。

f:id:ayumu27:20170618112923j:image

斎藤茂吉が湯治をしたという鶴霊泉。今回泊まった松の部屋からの庭。足湯があり、向こうからも部屋が丸見え‥。

この宿は、自噴の足元湧出で、砂を敷いた湯床の岩盤からお湯が湧いている。

f:id:ayumu27:20170617174648j:image 

36度のぬる湯にゆっくり1時間。いくらでも入っていられる。やっぱりぬる湯最高。足元の砂が好き嫌いあるかな。私はあまり好きじゃない。

f:id:ayumu27:20170618114451j:image

源泉のぬる湯と加温した湯の交互入浴が可能。でも加温の湯を欲するほど寒くはない。

泉質はアルカリ泉でつるつるの湯ざわり。 湯からあがると体がぽかぽか、肌はするする。まさに美肌の湯。翌日もお肌つるつるで気持ちよかった。

f:id:ayumu27:20170617174718j:image

たまたま蛍の時季で、それぞれの宿のバスで、近くの蛍スポットへ連れて行ってくれた。

 

古湯温泉 鶴霊泉
★★★★★
アルカリ性単純温泉
36度
pH 9.28
内湯 源泉の砂湯と加温の湯(男1女1)23時までと7〜9時

貸切風呂2
2017.6.17宿泊