温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

壁湯温泉 旅館福元屋(大分)

福岡空港から車で2時間弱ほどの壁湯温泉は川沿いの自噴足元湧出の温泉。「日本秘湯を守る会」の会員。古さをうまく活かした風情ある宿。

f:id:ayumu27:20170614213113j:image

300年前から自噴しているという壁湯洞窟風呂。岩と砂の間から自噴してる。たまにぽこっぽこっと。さすがに真冬に36度は寒い。少しでも暖かいお湯が沸いているところを探し当ててとどまる。洞窟の奥の方にいないと顔が寒い。
真冬の割に、長く入っていられた。というか、長く入らないと寒くて出られない、が正しいか。

f:id:ayumu27:20170614213139j:image

女性だけタオル地の湯浴み着を貸してもらえる。無色透明の湯なので、混浴は少し抵抗あるけど、これに入りたくて来てるので。

河原にある蛍見の湯は夏限定。昨日の雨ですっかり増水した川の中に。

f:id:ayumu27:20170615014521j:image

内湯は貸切が2つ。熱過ぎて長く入れないが、貸切なのでゆっくりはできる。 

アルカリ泉だけど、そんなにつるつる感はない。ただただ自噴足元湧出を求めて。

f:id:ayumu27:20170614213206j:image

 

壁湯温泉 旅館福元屋
★★★
単純温泉(弱アルカリ泉)
36.6度
pH 7.9
貸切風呂内湯2(6-23時) 混浴露天風呂1 女性用洞窟風呂1
2017.1.7宿泊