温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

長湯温泉 大丸旅館 ラムネ温泉(大分)

32度のぬる湯ですごい泡。肌にあっという間に付く泡に「さむい」と描いては消し、消しては描き・・・。

温泉1ℓ中に1,000mg以上の炭酸ガスが溶け込んでいるめずらしい「炭酸泉」。炭酸泉は血圧を下げる「心臓の湯」。また、皮膚の炎症を抑えたり、リウマチ、坐骨神経痛のような痛みにも効果がある。

f:id:ayumu27:20170612125606j:image

真冬に32度は寒い。それでもたくさんの人びとが露天のぬる湯に入ってる。とろっとした湯で透明だが、湯船には鉄が付着。

炭酸水素塩泉でメタケイ素も豊富。お肌はするするに。

f:id:ayumu27:20170612125650j:image 

内湯は、41度の炭酸水素塩泉。こちらもとろっとしてる。甘みがあり、若干鉄味。茶褐色で湯船には鉄色の堆積物。

f:id:ayumu27:20170612125712j:image

タオルがかわいい。また暖かい時期に来たい。

f:id:ayumu27:20170612130710j:image

 

長湯温泉 大丸旅館ラムネ温泉
★★★★

ラムネ温泉館

10:00〜22:00

500円/大人

(ラムネ1号泉)

二酸化炭素マグネシウム・ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩泉
32.3度
pH 6.5

(高温ラムネ温泉)
マグネシウム・ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩泉
41.2度
pH 6.4
内湯(男1女1)露天風呂(男1女1)サウナ、家族風呂
加温加水循環消毒なし
2017.1.8日帰り入浴