温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

古遠部温泉(青森)

湯船から溢れ出ていく湯に寝転がる「トド寝」が有名な青森県平川市碇ヶ関にある古遠部温泉

弘前から奥羽本線で約30分。宿泊の場合は津軽湯の沢駅まで送迎してもらえる。4月末で、まだ宿の裏には雪が残ってる。

f:id:ayumu27:20170606071845j:image 

内湯が男女一つずつあるだけ。

湯治客も日帰り客もいるうえに、皆が皆「トド寝」で長時間滞在するため、そう広くない風呂場は混雑するとも聞いていたけど、幸運にも大体ひとりでゆっくり入れた。

f:id:ayumu27:20170606085945j:image

苦みと酸っぱみと少しの甘みで、超効きそうなお湯。緑がかった茶褐色。
最初は熱くて入れない。
「トド寝」がちょうど気持ちいい。毎分500ℓもの源泉が湯船に掛け流されてるため、溢れ出ていくお湯が数センチの高さで流れ続け「トド寝」が可能となる。

f:id:ayumu27:20170606071946j:image

すごい湯量が流れていて、湯船の中にいると、川に入ってる感じ。(右側が湯船で左側が溢れ出ていく湯)

泉質名を見ると、美肌効果がありそうな泉質が並ぶ。

f:id:ayumu27:20170606091144j:image

メタケイ素は肌のセラミドを整えコーティングする美肌効果が。硫酸塩泉、塩化物泉は、肌に付いた温泉成分が「温泉パック」のような状態をつくり、入浴後も肌がしっとりし、湯冷めもしにくい。つるつるというより、するする。

以前から気になっていたこの温泉。今回は弘前城花筏に合わせて訪れた。

f:id:ayumu27:20170606091100j:image

 

古遠部温泉

★★★★

ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉

43.6度
pH 6.28
加水、加温、循環、消毒剤なし

内湯(男1女1)

24時間入浴可(朝5時頃清掃)

2017.4.29宿泊