温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

2018-02-05から1日間の記事一覧

鳴子温泉 湯の謌 吟の庄(宮城)

硫黄香る町。 375本もの源泉がある鳴子温泉。多くの宿が敷地内に自家源泉を持っていて、湧出するお湯の量も豊富で、源泉かけ流しの風呂が多い。日本にある11の泉質のうち、9種類が存在している。 鳴子温泉郷は1000年を超える歴史がある。発見は承和4(837)…

下呂温泉 湯之島館(岐阜)

室町時代の禅僧や江戸時代の儒学者らにより、有馬温泉、草津温泉と並ぶ「日本三名泉」と称された名泉。起源は、延喜年中(西暦901-923)と言われていて、室町時代の詩僧 万里集九が既に、「草津、有馬、湯島(下呂)」が日本の三名泉であると書き記している…

下呂温泉 睦館(岐阜)

日本三名泉の下呂温泉。下呂駅から徒歩2分と、下呂温泉では一番駅に近い宿。下呂温泉2泊目は移動を考慮して睦館に。(写真は宿HPより) ビジネスホテルみたいなホテルだし、決して新しくも綺麗でもないけど、値段が安いのに、お風呂や脱衣所が綺麗だし、お料…

福地温泉 山里のいおり 草円(岐阜)

古民家を移築した宿が並ぶ奥飛騨情緒あふれる福地温泉。 温泉街から一本道を隔てた平湯川沿いに建つ草円は、飛騨の豪壮実直な古民家を移築再生した宿。 名古屋からワイドビューひだで2時間20分かけて高山へ。そこから路線バスで75分。 なかなか遠い。 玄関に…