温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

蔦温泉 蔦温泉旅館(青森)

青森県の奥座敷・南八甲田の中腹に、ブナの森に囲まれた一軒宿 蔦温泉旅館がある。青森駅から車で1時間半。送迎もあり。日本秘湯を守る会。

f:id:ayumu27:20170721174347j:image

平安時代にはすでに湯治小屋があったと記録されていて、泉響の湯は湯治棟専用の混浴風呂だった4m×8mという大浴場を男女別に改築したもの。

f:id:ayumu27:20170722123326j:image

お風呂はいずれも源泉の上に浴槽があり
ブナ材を使用した湯船の底板から湧き出す足元湧出。空気に触れていない「生の湯」。
空気に触れていない湯は、刺激があり熱く感じるが、二度三度浸かるにつれやさしいお湯が実感できる、というけど熱い・・・。湯が掛け流されてる場所に座っているくらいで十分。すごい量が流れ出しているので。

f:id:ayumu27:20170721174518j:image 

井上靖氏が詠った「泉響颯颯」から名付けたという泉響の湯は、浴槽から梁までの高さが12mもあり、その空間に泉のせせらぎのような響きを奏でる開放的な湯殿。

f:id:ayumu27:20170722123547j:image

ぽこっぽこっと湯船の底から湧いているのが分かるし、風情があってすごくいい。が、熱い。

泉響の湯にはシャワーがひとつある。

f:id:ayumu27:20170721174535j:image 

夜中に久安の湯へ。昔は旅館棟専用の混浴風呂だったため浴場はひとつで、男女入れ替え制。

f:id:ayumu27:20170721174604j:image

古びた雰囲気。以前は、川魚が泳いでいたという水槽が壁に埋め込まれたまま。

こちらも湯が惜しみなくかけ流されている。熱くて長湯できないのが残念。どちらの湯もメタケイ素が多くて、湯上がりの肌はするする。

f:id:ayumu27:20170722120517j:image 

お目当の蔦沼へは、蔦温泉旅館の脇にある遊歩道から。紅葉の蔦沼を狙うなら、超いい宿。

f:id:ayumu27:20170722120633j:image

まだ早かったけど、八甲田山ロープウェイはちょうど見頃。山頂はすでに寒い。 

f:id:ayumu27:20170722120722j:image

 

蔦温泉 蔦温泉旅館
★★★

〔泉響の湯〕
ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉
45.4度
pH 7.3?

〔久安の湯〕

ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉
43.8度
pH 6.9
内湯(男1女1入れ替え1)
24時間入浴可
2016.10.15宿泊

谷地温泉 湯治の宿 谷地温泉

十和田市八甲田山麓にある日本三秘湯「谷地温泉」。開湯400年、山の中の一軒宿。

谷地温泉への分岐路。

f:id:ayumu27:20170720184349j:image

古びた木造の建物は趣があり、周辺は高山植物が自生する谷地湿原。

f:id:ayumu27:20170720184410j:image

38度の源泉『霊泉』下の湯と42度の上の湯の2つの湯船。

〔下の湯〕は、足下から湧き出る38℃の温めの温泉は霊泉と呼ばれる単純温泉。効能は神経痛・関節炎・疲労回復など。

無色透明の湯らしいけど、女風呂の下の湯は、上の湯同様に乳白色に濁ってる。写真はやと

f:id:ayumu27:20170721001503p:image

一方、〔上の湯〕は硫黄の湯花で白濁した42℃の温泉で熱湯と呼ばれ、泉質は単純硫黄泉。神経痛・不眠症アトピー性皮膚炎・慢性疾患などに効く。

f:id:ayumu27:20170720184439j:image

f:id:ayumu27:20170720184501j:image

ぬる湯の〔下の湯〕に、じっと1時間。熱湯で温まりながら交互に入浴している年配の方が多い。やっぱりぬる湯に長湯はいい。

男風呂の霊泉は足元湧出。宿泊すれば、19時から20時半が女性用に。入りたい。ぶくぶく感じたい。いつか泊まりたい。

飲泉でリウマチにも効果。硫黄臭はあまりきつくなく、少し甘い。飲み過ぎるとお腹こわすので、ひかえめに。

 

谷地温泉 湯治の宿 谷地温泉
★★★★★

〔下の湯〕

単純温泉
38.2度
pH 5.21

〔上の湯〕

単純硫黄温泉

37.4度・・・実際は42度?

pH 4.5
内湯(男2女2)

加温、加水、循環、消毒なし
2016.10.16日帰り入浴

猿倉温泉 奥入瀬渓流ホテル(青森)

先週に引き続き青森 八甲田へ。青森空港からレンタカーで1時間前後。

先週はまだまだ緑だった城ヶ倉大橋がいい具合に紅葉してる。

f:id:ayumu27:20170711105216j:image 

f:id:ayumu27:20170711105324j:image

今回の宿は、星野リゾート奥入瀬渓流ホテル。大型ホテルなので、温泉はあまり期待できない。館内には渓流露天風呂と内湯。当然、循環、消毒あり。眺望はいいけど。

f:id:ayumu27:20170711105102j:image
外湯に、名瀑「九重の瀧」を望む混浴露天風呂『八重九重の湯』がある。定期的に運行している宿のバスで5分。

f:id:ayumu27:20170711104937j:image

清潔な木の館内。階段を降りたところに露天風呂。男女別の脱衣所から、同じ露天風呂に出て行く。混浴だけど、男女とも湯浴み着があり、気兼ねなく入れる。

白いにごり湯。硫黄臭、湯の花も浮いてる。森林浴のような雰囲気で気持ちいい。外湯、めんどくさいけど、このお風呂に入らなければ、この宿の良さが味わえない。

f:id:ayumu27:20170711104836j:image 

蔦沼も先週とは違う色に。

f:id:ayumu27:20170711105259j:image

奥入瀬渓流へは、ホテルの循環バスで。いくつかのポイントで乗り降り出来る。

f:id:ayumu27:20170711104443j:image

散策の後は、またホテルのバスで戻り、さらに日帰り入浴もできる!タオルも貸してくれる!これはいい。気持ちよく帰路についたよ。

 

猿倉温泉 奥入瀬渓流ホテル
★★
〔渓流露天風呂・内湯〕

単純温泉
55.8度
pH 6.51
加温、加水、循環、消毒あり

5:00~24:00

〔外湯 八重九重の湯〕

単純温泉
56度
加水、消毒あり
6:00~8:45/15:00~22:45

2016.10.22宿泊

白金温泉 森の旅亭びえい(北海道)

北海道のほぼ真ん中に位置する美瑛町

f:id:ayumu27:20170718215530j:image

四季彩の丘から南東に20分ちょっと、十勝岳の手前に白金温泉がある。

旭川空港からは車で40分。最寄りの美瑛駅からは25分で、送迎もあり。

宿から5分のところには、青い池。

f:id:ayumu27:20170718220027j:image

白金温泉は、昔から杖忘れの湯と言われ、神経痛や動脈硬化、皮膚病に効果があるとされている。

f:id:ayumu27:20170716231249j:image
黄色く濁った湯で、塩味、鉄味がする。
内湯には、源泉掛け流しの湯船の他に、こじんまりした加温した熱い湯船、サウナに水風呂。掛け流しの湯船は少し熱いけど、気持ちよく入れるくらい。床や淵などには、鉄色の析出物がある。

f:id:ayumu27:20170718214634j:image

露天風呂は、熱すぎて入れなかった。露天にはもう一つ、陶器の湯船もある。

f:id:ayumu27:20170716231202j:image

f:id:ayumu27:20170716231222j:image

部屋の露天風呂は、洗い場のスペースは別。座って休めるバルコニーもある。浴槽は木の香り漂う青ヒバの木風呂。加水して自分の適温で入れるので、ゆっくり長く入れる。気持ちいい。

f:id:ayumu27:20170718214503j:image

この宿、お料理とホスピタリティが素晴らしかった。

富良野のラベンダーに合わせて7月に来た。冬の青い池にも来たい。

f:id:ayumu27:20170718215625j:image

 

白金温泉 森の旅亭びえい
★★★
ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉
46.1度
pH 6.4
内湯3露天風呂2サウナ 男女それぞれ
1時〜5時以外入浴
2017.7.15-16宿泊

十勝岳温泉 凌雲閣(北海道)

北海道で一番高所の温泉。雲を凌ぐという意味で凌雲閣。向かう山道に、子ぎつねがいた。

f:id:ayumu27:20170716213010j:image

写真はお風呂に貼ってあった雪景色。

絶景露天風呂。山側に37度くらいのぬる湯、大きな岩が屋根になってる部分の露天風呂が40度くらい。黄色のにごり湯。黄色というよりオレンジ。重たいしっかりしたお湯。湯底や壁に触ると手がオレンジ色に。鉄の味。貧血などにいいまさに鉄の湯。

ぬる湯なのに、湯上がりは汗がとまらない。

f:id:ayumu27:20170716213805j:image

露天風呂と大きな内湯は、茶褐色の2号泉と1号泉の混合泉。この茶褐色の内湯は熱すぎて入れなかった。でも露天風呂への出入り口がこの湯船の向こうに。歩いて通るだけで熱い。

もう一つの内湯に1号泉。酸性泉で殺菌作用があり、きり傷や皮膚病などに効く。水風呂なみにぬるい。内湯は他に泡風呂とサウナ。

f:id:ayumu27:20170716213908j:image

f:id:ayumu27:20170716213928j:image 

湯上がり肌はねっとりしっとり。ナトリウムの保湿と美肌のメタケイ素が多い。

f:id:ayumu27:20170716223215j:image

ロビーで瓶牛乳。よく振ってからって。すごい生クリーム成分。

f:id:ayumu27:20170716223311j:image

登山⁈してきた団体さんが大量に日帰り入浴に入ってきた。入れ違いでよかった‥。

 

十勝岳温泉 凌雲閣 
★★
男女それぞれ 内湯3露天風呂2サウナ
 〔1号泉〕

酸性・含鉄 - アルミニウム・カルシウム - 硫酸塩泉 

36.7度

PH 2.4

〔2号泉〕

カルシウム・ナトリウム - 硫酸塩泉 
53.0度

PH 6.2 

2017.7.16日帰り入浴

川中温泉 かど半旅館(群馬)

日本三大美人湯の1つ。あとの2つは龍神温泉(和歌山)と湯の川温泉(島根)。

鎌倉時代源頼朝の家臣が療養したとされる歴史のある温泉。高崎からJRで川原湯温泉駅へ。そこからはタクシーか宿の送迎で15分。

f:id:ayumu27:20170707152508j:image 

旅館前を流れる雁ケ沢川の川底より自然湧出するところから川中温泉と呼ばれる。写真右手がかど半旅館。 日本秘湯を守る会。

f:id:ayumu27:20170707152424j:image

泉質は硫酸塩泉で、皮膚の脂分を洗い流す力があるため美肌効果がある。アルカリ泉も同様の効果。

露天風呂(加温と源泉)・大湯・薬湯・男湯・女湯の6つの湯船。薬湯と露天の源泉風呂以外はヒートポンプで加温。循環、消毒はしてない。

f:id:ayumu27:20170707152450j:image 

女湯。加温してあるといえど、かなりのぬる湯。毎回1時間以上入る。寒くて湯口から離れられない。でも長時間入浴することができ、温泉の効果をめいいっぱい吸収。
白い湯の花が少し浮いてる無色透明でつるつるのお湯。

f:id:ayumu27:20170707152652j:image

カルシウムが白く結晶してる。注ぎ口から湯をとると、若干硫黄の匂い。

飲泉療養もでき、内からも外からも治療できる湯治の温泉。効用は幅広く、リウマチ、冷え性など。

f:id:ayumu27:20170707152610j:image

f:id:ayumu27:20170707152635j:image

紅葉の季節を待って訪れた。八ッ場ダム、吾妻峡を散策してから宿へ向かった。

f:id:ayumu27:20170707152546j:image

 

川中温泉 かど半旅館
★★★★
カルシウム-硫酸塩泉
34.7度
pH 8.6
内湯(男湯1女湯1)混浴(露天風呂・大湯・薬湯)※20~22時、6~7時が女性専用
薬湯と露天の源泉風呂以外は加温、循環、消毒なし
2016.11.5宿泊

新高湯温泉 吾妻屋旅館(山形)

山奥の秘湯。標高1126mの山中にある一軒宿。米沢八湯の1つで日本秘湯を守る会。

JR米沢駅から白布湯元行きのバスで終点の湯元駅前まで。そこから1kmの山道は宿の送迎。宿の方が作った私道。

f:id:ayumu27:20170706073904j:image

自噴源泉100%掛け流し。多彩な露天風呂と内湯があり、24時間入浴可。

内湯は総檜。熱めだけど気持ちいい。カルシウム成分が湯の花として、白く床に積もっていて、つるつる滑る。
お湯もつるつるで柔らかめ。入浴後の肌はしっとり。

f:id:ayumu27:20170706074057j:image

女性専用露天風呂の大岩たぬき風呂。

f:id:ayumu27:20170706074122j:image

最上川源流「白金の滝」を望み滝つぼに岩を組み上げた滝見露天風呂。

眺望露天風呂に、樹齢250年の栗の木をくり抜いた湯船の根っこ風呂。

これらの露天風呂は混浴なので入らず。酔っ払った男女のグループが騒いで入っていて、興醒め。

他に貸切大樹風呂もあった。

f:id:ayumu27:20170706073957j:image 

f:id:ayumu27:20170706074038j:image

山寺の紅葉を見に。

松尾芭蕉の「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」の句でも知られる立石寺

f:id:ayumu27:20170706074207j:image

1000段の石段、汗かいた。もう一回温泉入りたい。

f:id:ayumu27:20170706073939j:image

 

新高湯温泉 吾妻屋旅館
★★★
含硫黄-カルシウム-硫酸塩泉
50.7度
pH 7.1
内湯(男1女1)露天風呂(混浴4女1貸切1)

加温、加水、循環、消毒なし
24時間入浴可
2016.11.12宿泊