温泉手帖♨︎

温泉ソムリエの温泉備忘録

妙見温泉 石原荘(鹿児島)

鹿児島空港から15分と好アクセスの妙見温泉

個室休憩室で(11時から15時まで)食事・浴衣付きの日帰り入浴プランがある石原荘へ。玄関や石蔵が雰囲気ある。

f:id:ayumu27:20171009174105j:image

この石蔵でランチってプランもある。

f:id:ayumu27:20171014211900j:image

石原荘は保有する7つの源泉のうち3つの源泉を使用。地下200m掘削したところから自噴しているそう。源泉からいちばん近い場所でお湯を味わうために、本館から少し離れたところに湯船が作られていて、下駄で歩いて行く。

f:id:ayumu27:20171009174109j:image

11時から15時は椋の木野天風呂が男性専用、七実の湯が女性専用。写真は七実の湯。

f:id:ayumu27:20171014212131j:image

清潔で気持ちいいし、目の前の天降川の眺めもすごく清々しい。

f:id:ayumu27:20171014212541j:image

湯船の淵にカルシウム・重曹成分が析出化してる。どばどばかけ流されてる。湯量豊富で、天降殿の広い大浴場も、毎分300ℓの湯量で60分で湯が入れ替わるらしい。これが大浴場。露天風呂の七実の湯より広い分、少しだけ気持ち湯温が低い。

f:id:ayumu27:20171009171358j:image

ぬるつるの湯ざわり。無色透明で微量な鉄味と鉄の匂い。 

f:id:ayumu27:20171014212515j:image 

もう少しぬるかったらいいなのになぁ。

あ、食事はかなりしっかりしてる。美味しかった。5000円から1000円刻みで1万円半ばまである。1200円の入浴料込み。浴衣付きの個室料は3500円。

  

妙見温泉 石原荘
★★★★
ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉
54.8度
pH 6.4
内湯 露天風呂2 貸切露天風呂
加水加温循環消毒なし
2017.10.9日帰り入浴

龍神温泉 上御殿(和歌山)

日本三美人の湯のひとつ(群馬の川中温泉、島根の湯の川温泉龍神温泉

白浜から1時間半くらい。なかなか行きづらい。三連休を使ってやっと訪れた。

龍神温泉の上御殿は、江戸時代初期に紀州藩主だった徳川頼宣公が、湯治に訪れるために建てられた御宿。龍神家は徳川公に宿の管理を命ぜられ、上御殿の屋号を承ったそう。400年の歴史。

f:id:ayumu27:20171012130535j:image 

明治19年築の木造2階建ての本館は、国の登録有形文化財。徳川公が泊まっていた「御成りの間」は、当時のまま残ってる。

お風呂は、男女別の内風呂と、空いてたら入れる貸切の露天風呂が一つ。

f:id:ayumu27:20171012130613j:image 

なかなか空いていないのかと思っていたら、到着後に早速入れた。日高川沿いで眺めがいい。

ただ、内風呂の方がつるつる感が強い。湯船も床も槇で、清潔で気持ちよく、窓からの景色も綺麗。もう少しぬるかったら最高なのに。

f:id:ayumu27:20171012130639j:image

泉質はナトリウム-炭酸水素塩泉でラジウム含有量も豊富。体についた余分な皮脂を落とし、お肌がすべすべに。

無色透明、無味無臭。肌あたりの良い軟らかいぬるつるのお湯で、体の芯から温まり、湯冷めしにくい。

f:id:ayumu27:20171012130720j:imagef:id:ayumu27:20171012130743j:image

夕食には、源泉で熊野牛しゃぶしゃぶ。

 

龍神温泉 上御殿
★★★★
ナトリウム-炭酸水素塩泉
43.3度
pH 7.8
内湯(男1女1) 露天風呂1(貸切)
加水なし 加温あり 循環併用 換水時消毒あり
2016.7.17宿泊

 

 

筑波山温泉 つくば湯(茨城)

近所に温泉あった。そういえば。何度となく入っているけど、あまり有り難みを 感じたことがなかった。

f:id:ayumu27:20170924224535j:image

筑波山のアスレチック(本格的)をした後、よく行く日帰り温泉施設へ。筑波山神社前から徒歩10分。登山帰りの利用客がかなり多い。

改めて確認してみたら、pH 10を超えてるアルカリ泉だった。全然気づかなかった。

f:id:ayumu27:20170924224221j:image

消毒臭がする上、アルカリ泉のとろとろ感が少ないので、ノーマークだった。

f:id:ayumu27:20170924225003p:image

こんな感じで、山に囲まれた景観。(写真は施設のHPから)露天風呂からは、ロープウェイもよく見える。向こうからも見えるのだろう。

五感を研ぎ澄ませて露天風呂に入ると、‥なんとなく、なめらかさがある。

 

筑波山温泉 つくば湯

単純温泉
27.7度
pH 10.3
内湯2 露天風呂1 サウナ、水風呂(女湯)
加温循環消毒あり
2016.7.25日帰り入浴

日当山温泉 数奇の宿 野鶴亭(鹿児島)

800年の歴史を持つ鹿児島県内最古のいで湯で、西郷隆盛坂本龍馬など歴史上の英雄にも愛された名泉。
イザナギイザナミの二神が足の立たない蛭子命をここで療養させたとか。

f:id:ayumu27:20171009094626j:image
その源泉をもつ野鶴亭は日当山温泉を代表する老舗旅館だそうで、今日はそこに。

f:id:ayumu27:20171008183603j:image

敷地の真ん中に苔の庭。庭の周りの廊下から、大浴場や離れへ。

f:id:ayumu27:20171009094616j:image

大浴場『野鶴の湯』は、内風呂、露天風呂2つに、打たせ湯、サウナ。

f:id:ayumu27:20171008183759j:image

露天風呂は庭園風。真ん中にある池のような湯船と、左奥に小さな正方形の檜風呂。

正直、池みたいで入りづらい。手すりもないし、もしかしてほんとに池⁈(そんなわけないのだけど!)って感じで、誰も入ってなかった。小さな正方形のは熱い。

f:id:ayumu27:20171008184027j:image

で、池のような露天風呂と同じくらいの大きさの内風呂が左手に。岩風呂。これも熱い。数分が限界。

ぬるつるの気持ちいい泉質なだけに惜しい。ゆっくり入りたいよ。

f:id:ayumu27:20171008184219j:image

いかにも重曹泉というお湯。湯上がりの肌はさらっとしてるけど、温まっていて少し汗も出る。透明で無味無臭。

今回は離れの紫雲庵に泊まったので、部屋に檜の内風呂付き。

f:id:ayumu27:20171008184332j:image

少し冷まして入れば極楽。すごく大きな湯船ではないけど、ひとりなららくらくゆったり。ぬるつるを堪能。

仲居さんに聞いたら消毒してないと言われたけど、どうかな?大浴場は消毒あり。消毒臭は気にならなかった。

 

日当山温泉 数奇の宿 野鶴亭
★★
ナトリウム-炭酸水素塩泉
51.8度
pH 7.5
内湯 露天風呂2 サウナ 水風呂 うたせ湯
加水(夏はあり)加温循環なし、消毒あり
2017.10.8宿泊

霧島温泉 きりしま 悠久の宿 一心(鹿児島)

鹿児島空港から30分。やっと来ました霧島温泉

f:id:ayumu27:20171008185220j:image

地下1200mから汲みあげる自家源泉を有し、全7室に専用の内風呂と露天風呂がある「きりしま悠久の宿 一心」へ。

f:id:ayumu27:20171008185633j:image

鉄の匂いがする黄緑がかった透明なにごり湯がかけ流されてる。

f:id:ayumu27:20171008185942j:image

百沢温泉に似てる。味は鉄味、酸味。飲み込みづらい。 

f:id:ayumu27:20171008190837j:image

41度くらいで少し熱いので、自由に水を入れて、ぬるめにして長湯。湯船も広くて極楽。24時間自由に入れる。

f:id:ayumu27:20171008190921j:image

ねっとりべっとりしたお湯。出てからしばらく経つとさらする肌に。美肌効果と鎮静効果がある。

こんな感じで、縁側からも露天風呂に行ける。 露天風呂には木蓋もあり、虫など入らないようにできる。

f:id:ayumu27:20171008190905j:image

宿は真ん中に池があり、池の上の渡り廊下を通り、各離れへ向かう。

f:id:ayumu27:20171008190937j:image 

食材も腕もいい。温泉もいい。コスパ良すぎる。ひとり10万近くしてもいいのでは⁈と思う宿。いつかの年末年始とかにまたゆっくり来たい。

 

霧島温泉 きりしま 悠久の宿 一心
★★★★
マグネシウム・カルシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉
42.1度
pH 6.4
各部屋に専用の内湯と露天風呂
加水循環消毒なし 加温あり
2017.10.7宿泊

奥湯河原温泉 海石榴(神奈川)

日本最古の和歌集 万葉集(760年前後)に、唯一温泉の様子が記されている湯河原温泉
【あしがりの土肥の河内に出づる湯の世にもたよらに子ろが言はなくに】
(意味:こんこんと河原から湧いている湯河原温泉のような湧き出る情熱で、彼女が私の事を思ってくれているかどうかはっきり言ってくれないので、毎日仕事が手につかないよ)‥おいおい。

f:id:ayumu27:20171001000127j:image 

東京からこだまで45分で熱海、そこから東海道本線でひと駅。すごく近い湯河原。
奥湯河原は2度目。今回は海石榴に。

デッキに露天風呂がある部屋。夜中に眠れなくて、10分弱くらい足湯しながら手を温めた。ぽっかぽかになり過ぎて眠れなくなった。川の流れの音がすごい。

f:id:ayumu27:20171001001125j:image

夕食前にとりあえず大浴場へ。複雑で遠い。やっと辿りついた。館内のいたるところにツバキ。

f:id:ayumu27:20171001001248j:image

脱衣所は綺麗でタオルも設置、個室まであり、アメニティも充実。コスメはミキモト

内湯からも露天風呂からも、緑。

草木、庭、山、の緑の中。女湯は露天風呂の方が少しぬるめだったけど、男湯は逆だったそう。ナトリウム塩化物泉なので、保温でぽかぽか。

f:id:ayumu27:20170930235851j:image 

夏目漱石島崎藤村といった、明治の文豪が愛した湯河原の湯。無色透明で柔らかく、湯上がり肌はさらっとするする。体表が熱いわけではなくじんわり芯が温まる。

傷病兵の療養に指定されるなど、薬湯として有名な『傷の湯』。カルシウムイオンが豊富で、鎮静効果もある。

f:id:ayumu27:20171001134007j:image

加水加温循環消毒あり。消毒臭は気にならない。ただ、まさか部屋の露天風呂も循環消毒とは‥。

湯河原で循環消毒してない宿もあった。高温泉なので加水は仕方なくても、もうちょい細かく調べてこなければ。

f:id:ayumu27:20171001133257j:image

12時チェックアウトなので、朝食後も部屋の露天風呂。38度のぬる湯設定で。目に緑、耳に川音、顔には涼しい風が吹いてすごく気持ちいい。いい季節になったな。

  

奥湯河原温泉 海石榴

ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉
59.7度
pH 8.4
露天風呂付き内湯(男1女1)
加水加温循環消毒あり
2017.9.30宿泊

十勝川温泉 三余庵(北海道)

帯広空港から約40分。帯広駅からは20分。十勝川沿いにある温泉地。

この琥珀色の透明なお湯。北海道遺産にも認定されている十勝川温泉の「モール泉」。ヨーロッパにある、肌に腐植物を含む泥を塗る「モール浴」という美容法が由来では。

f:id:ayumu27:20170922232419j:image

植物性のモール泉は希少らしい。モールとは「亜炭」のこと。地中に埋もれていた植物が黒炭に変化する手前で生じるフミン酸が主成分。遙か太古の時代に自生していた葦などの植物が、長い時間をかけ堆積して出来た亜炭層を通って沸いてる温泉。

f:id:ayumu27:20170922233748j:image

泉質としては、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉で、肌をなめらかにし、天然保湿成分が豊富な美肌の湯。 少ししょっぱい。

f:id:ayumu27:20170922232441j:image 

大浴場は、秋田檜の浴槽と、イタリアからの輸入材料を用いたタイル張りの浴槽があり、21時に男女入れ替え。朝の10時までいつでも入浴できる。こちらはガラスモザイク風呂。

f:id:ayumu27:20170922234833j:image

全室に檜風呂があり、部屋数も少ないし、24時間入浴可なので、大浴場で誰かとかぶることは少なそう。

部屋のお風呂だと、源泉100%を冷まして適温で入れるので、私はこちらだけで充分。

f:id:ayumu27:20170922235152j:image

かなり大きな秋田檜の浴槽。なめらかで、いかにも保湿力ありそうな、濃いねとりとしたお湯。

第一ホテルの別館なので、第一ホテルの大浴場にも入れる。持って行くタオルも籠に入れて準備されている。

本館の玄関脇では、十勝川を眺めながら、目の前で焼いてくれるジャガイモ食べながら足湯もできる。

f:id:ayumu27:20170923000437j:image

 

十勝川温泉 三余庵
★★
ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
53.8度
pH 8.03
露天風呂付き内湯(男1女1)
加水加温循環なし、消毒あり
2017.9.17宿泊